Paris Gourmand パリのおいしい日々

ヴィヴァン・ターブル パリ10区 Vivant Table(75010)

04 septembre 2012

Dejeuner a "Vivant Table".
Chez "Vivant", le fameur bar a vin ultra naturel, dorenavant, on peut choisir entre "Vivant Table" et "Vivant Cave".
A "Table" qui est plus gastronomique, on a le nouveau chef, japonais, evidamment(^^).
Pierre Jancou, pur amoureux de vin naturel qui a ouvert La Cremerie, Les Racines, m'a montre quelques jolies assiettes que ce nouveau chef a apporte du Japon.
新装「ヴィヴァン・ターブル」でランチ。
さいっこうの自然派ワインバー「ヴィヴァン」が、ガストロ系の「ヴィヴァン・ターブル」と、カジュアル系の「ヴィヴァン・カーヴ」の2軒体制になった。
「ヴィヴァン・ターブル」には、新シェフ就任。もちろん、日本人(^^)。
「ラ・クレムリー」や「レ・ラシーヌ」を立ち上げて自然派ワインの定着に一役買ったオーナーのピエール・ジャンクが、いいだろ、これ!とみせてくれたのは、シェフが日本から持ち帰ってきた和食器。
a0284783_15315381.jpg


Ici, on vient pour manger mais aussi pour boire des sublimes vins vivants (vins naturels), sans soufre.
"Nedjma" de Gilles Azzoni en magnum, servi par David Benichou.
ここは、料理もいいけど、飲み物が最高。SO2をまったく使わない、超自然派ワインがずらり。
ダヴィッドが、ジル・アッゾーニの”Nedja”のマグナムを注いでくれる。
a0284783_15324051.jpg


Thon blanc en esprit de Bagna Cauda. Jolie et adorable, le gout ainsi l'assiette.
カジキみたいな白系マグロを、バーニャ・カウダ風のソースで。お皿もお味もチャーミング。
a0284783_15332770.jpg


Boudin noir qui se cache dans le poivron vert et dans la fleur de courgette, des poulpes.
Suuuuuave!
J'adore le boudin noir d'ici mais ce plat-la, une vrais delice. Jusque la salade parfaitement bien assaisonee, 100/100!
ピーマン&クルジェットの花にファルシしたブーダン・ノワール、タコを添えて。
おーいーしー!
この店のブーダン・ノワールはいつもご機嫌においしいけれど、この作品は飛び切りだ。付け合せのサラダも極上の味付け。100点満点。
a0284783_1534943.jpg


Foie gras timide dans une feuille de chou grille & soupe de bettrave.
Hmm! Hmm!! Hmm!!! J'avais raison de ne pas trop grignoter a la conferance de presse tout a l'heure.
恥ずかしがりやのフォア・グラが、グリルキャベツの中にかくれている。ビーツのスープとともに。
ん~!ん~!!ん~!!! さっきのプレス・カンフェランスのときにあんまりつまみ食いしないで、ほんとによかったー。
a0284783_1535439.jpg


Mon petit cher agneau, si doux, si mimi et si bon...
La aussi, les legumes sont top.
ちっちゃな愛しい仔羊ちゃん、優しくて、かわいくて、美味、、、。
ここでも、野菜の存在感が抜群。
a0284783_15361078.jpg


Cuisson d'agneau parfaite. Le gout de la graisse etait tout simplement booon.
Le chef Sota, qui a fait des etudes chez Stela Maris, Troisgros, Joel Robuchon entre autre n'utilse pas des techniques modernes. Il n'utilise meme pas le sac sous vide. Rare!
Le chef Sota fera le couscous de poisson bientot. Cela me tente. En plus, des que la cuisine sera agrandite, il fera la pate en croute. Je veux la gouter aussi...
Bravo Pierre, tu as du gout aussi pour choisir un chef!
仔羊の火入れ、おみごと。脂味の味がたまらない。
創太シェフは、「ステラマリス」や「トロワグロ」などで修業していて、モダン技術をほとんど使わない。真空パックも使ったことない、って言っていた。珍しい!
来週は、魚のクスクスを作るのだそう。いいなあ、10月もつくって欲しい。厨房が大きくなって設備もちゃんと入ったら、パテ・アン・クルートとかも作ってくれるそう。食べたいね~。
ピエールはいつもセンスがよいけれど、シェフを選ぶセンスも抜群!
a0284783_15373471.jpg


Miroir de chocolat par le second du chef Sota, Masaaki, qui a aussi travaille chez Stela Maris.
Tres bon, digne d'une etoile.
鏡のようなつややかショコラ菓子は、昌晃スーシェフの作品。彼も「ステラマリス」出身。1ツ星に値する味。
a0284783_15383657.jpg


Chez "Vivant", tout est chic et a du gout, jusqu'a la presetation du cafe "Giovannni Erbisti".
Hate de voir/venir a "Vivant Cave".
「ヴィヴァン」では、すべてがシックでセンスがある。”ジョヴァンヌ・エルビスティ”のカフェのプレゼンテーションもね。
「ヴィヴァン・カーヴ」にも早く行きたいな。
a0284783_1540015.jpg




http://www.vivantparis.com
[PR]



by yukinokano | 2012-09-05 15:46 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

検索

ブログジャンル