Paris Gourmand パリのおいしい日々

ヴィヴァン・ターブル(パリ10区) Vivant Table 75010

16 janvier 2013

A droite, Cave. A gauche, Table. Ce soir, je vote pour le gauche. 
左は、ガストロミースタイルのヴィヴァ・ターブル。右は、ビストロスタイルのヴィヴァン・カーヴ。今夜は、左に投票。
ヴィヴァン・ターブル&ヴィヴァン・カーヴは、SO2をまったく使わない超自然派ワイン(=生きたワイン(vin vivant)にフォーカスしたレストラン&ワインバー&ワインショップ。
「ラ・クレムリー」や「レ・ラシーヌ」で、この手のワインを定着させた、”生きたワイン”の啓蒙者、ピエール・ジャンクのプロデュース。どこまでも自然なワインのおいしさを、満喫できるすばらしい場所。ワインに対する意識を変えさせられる。
a0284783_19435067.jpg


En attendant les autres, je sirote Festejar de Domaine de La Boheme, Gamay d'Auvergne pettillant, sans SO2, bien naturellemtn.
Legerement sucre, tres mignon, tres agreable pour l'aperitif.
友達の到着を待ちながら、ドメーヌ・ド・ラ・ボエームのフェストジャーをチビチビ。オーヴェルニュ地方で作られる、ガメイのプチプチ。もちろん、SO2なし。
ほんのり甘くてかわいらしく、アペリティフにぴったり。
a0284783_19443384.jpg


Le chef Sota et le sous-chef Masaki de Vivant Table. Ils nous regaleront!
ヴィヴァン・ターブルのシェフのソウタ君と、スーシェフのマサキ君。彼らの料理、9月以来。今夜は、どんなおいしいもの食べさせてくれるかな。ワクワク。
a0284783_19451257.jpg


Veloute de potimaron, boudin noir grille, ecume de cafe. L'utilisation de cafe comme un condiment devient plus en plus populaire, je trouve.
栗かぼちゃのスープ、コンガリブーダン・ノワール、カフェの泡。香味料としてのカフェ使い、最近はやってきている。
a0284783_19455064.jpg


Risotto, seiche, encre de seiche & Gnocchi, ragout de poulpe. Les parfums d'Italie.
Avec cela, un vin italien. Muscat sec de Maestro Gabrio Bini (J'aimerais gouter son huile d'olive et capre...), vinifie dans les amphores. Trop naturel, trop bon. Vive les vins vivants!
イカ&イカスミ&カキのリゾット、ニョッキ&タコの煮込み。イタリアの香り満載。
じゃあ、ワインもイタリアで。
巨匠(鬼才)ガブリオ・ビニの手による、アンフォラで醸造したミュスカ・セック。(彼が作るオリーヴオイルやケイパーも絶品だそう。食べてみたい。) すばらしくナチュラルで美味。ヴァン・ヴィヴァン(生きたワイン)、万歳!
a0284783_19463824.jpg
a0284783_19465830.jpg


Hmmm, c'est booon. Poularde & legume d'hiver.
Belle cuisson sur la peau, on dirait carrement un poisson grille.
ん~、おいしい!
肥育鶏&冬の根菜。 鶏の皮目の焼き具合がすばらしく、まるで魚をグリルしたよう。皮はパリリッ、身はしっとり。見事。
a0284783_194741100.jpg


Fondant au chocolat a la minute & un vin mute de Loire. J'ai oublie le noms... Un peu comme Maury, mais beaucoup moins gras, tres delicat. Je l'ai beaucoup aime, mais...
あつあつのフォンダン・オ・ショコラ&ロワール地方で作られたアルコール強化ワイン。名前、忘れちゃった。
ちょっとモーリーっぽいけど、もっとさわやかで、デリケート。とてもおいしかった、でもね、、、
a0284783_19482049.jpg



... ce qui m'a touche le plus ce soir etait elle, Closerie de Belle-Poule, Chenin, graines nobles qui a ete servi pour la tarte au citron.
Merveilleusement parfume, le gout sucre/miele, complex mais reste tres subtile. Wooow! Je l'ammene chez moi!
Pierre l'a achete une barrique entiere, 300bouteilles. A ne pas manquer!
、、、今夜一番響いたのは、こちら。クロズリー・ド・ベル・プールの、シュナン、グレヌ・ノーブル。レモンタルトに供された。
すごぶるいい感じの繊細な酸化、香り最高、味は、ほんのり甘く、濃密、でも気品あり。ワォ!家につれて帰ろう。
ピエールは、このワインを樽買いした。300本分。ぜひとも味わってみて!
a0284783_1949328.jpg

http://www.facebook.com/#!/pages/Vivant/207827682569373?fref=ts
[PR]



by yukinokano | 2013-01-17 19:56 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

検索

ブログジャンル