Paris Gourmand パリのおいしい日々

ランブロワジー マチュー・パコ インタヴュー Interview avec Mathieu Pacaud de l'Ambroisie

12 fevrier 2013

Le lieu de l'interview avec Mathieu Pacaud a son restaurant, le mytique L'Ambroisie.
C'est special, cet endroit. Chaques fois que j'y viens, je me sens comme si j'etais dans un temple sacre. Cela fait 2ans que je n'ai pas mis le pied dedans. Presque aucun changement. Cela m'assure. 
Ah, j'aimerais y diner! Ce soir, complet, 38 heureux convives re regalent des ambroisie de Papa & Fils Pacaud.
ランブロワジー。
ここには、特別な空気が漂っている。来るたびに、敬虔な思いに捕らわれる。2年ぶりの訪問。変わらないなあ。サーヴィススタッフの顔も、多くが以前のまま。
あー、ここで夕ごはんたべたい!今晩も満席だそう。38人の幸せな人々が、パコ父子が造りだすアンブロワジー(神々の食物)を味わう。 
a0284783_22273290.jpg


Mathieu prefere mettre une chemise blanche tantdis que Papa Pacaud porte toujours un polo. Aujourd'hui, il en a mis un orange.
Pour les chaussures, Mathieu a suivi le gout de Papa Pacaud. Ils portent de jolis Berluti.
Mathieu m'a montre les vielles cartes de l'Ambroisie. Printemps 1988, Effeuillee d'aile de raie au chou (130, pas en euro mais bien en francs!), Queue de boeuf braisee en crepine (aussi 130franc), entres autres. Fascinant a lire toutes ces cartes qui racontent l'histoire de cette maison mytique.
パパ・パコの仕事着はポロシャツだけど(今日はオレンジ色だった)、マチューの仕事着は白シャツ。靴は、マチューもパパ・パコと同じで、ベルルティ。
ランブロワジーの古いメニューを見せてくれた。1988年春のメニューには、エイのエフイエとキャベツ(130、ユーロじゃなくてフラン!今なら、ユーロでももっとする?)や牛テールのクレピーヌ包みブレゼ(こちらも130フラン)などが載っている。
この伝説のレストランの歴史を物語る、貴重な資料。感動。機会があったら、時間をかけて、全部、読みたい。
a0284783_2228544.jpg

http://www.ambroisie-paris.com/
[PR]



by yukinokano | 2013-02-13 22:33 | | Comments(1)
Commented by 藤岡清 at 2013-02-13 23:36 x
ここは9年前に訪れました。その際にお父様がサインしてくれたメニューを今でも持っています。息子さんの料理も味わってみたい。

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

検索

ブログジャンル