Paris Gourmand パリのおいしい日々

オペラ座バレエ シーニュ Signe Ballet de l'Opera de Paris

03 juillet 2013

Le premier de Signes de Carolyn Carlson.
Une des pieces que j'aime les plus a l'Opera.
Cree pour Kader (mon meilleur danseur dans ma vie) et Pietra en mai 1997.
J'ai vu seulement des reprises en 2000 (avec Pietra, une fois. La chance!), en 2004 et en 2008, au moins 15 fois. Toujours avec fascinant Kader.
La derniere fois que j'ai saveure ce sublime spectacle etait au 13 juillet 2008, lors des Adieux de Kader. Trop beau, trop d'emotion, trop de bonheur et la tristesse.
Voici les Adieux de mon danseur sacre, Kader Belarbi.
キャロリン・カールソンのシーニュ、初日。
オペラ座の作品で最高に好きな作品の一つ。
1997年に、最愛のダンサーだったカデールとピエトラのために創作された作品。
2000年、2004年、2008年の再演のときにしか見ていないけれど、たぶん15回くらいは見ているはず。すべて、カデール。相手は、ピエトラ1度、あとは全部マリ=アニエス。毎回、心とろけるような感動に溺れた。
最後に見たのは、2008年7月13日。カデールのアデュー公演だった。美しさと感動と涙が入り混じったひとときだったなあ。
私をオペラ座バレエに夢中にさせたダンサー、カデール・ベラルビの、アデュー写真。
a0284783_22493452.jpg
a0284783_22495654.jpg


5ans apres (le temps passe vraiment trop vite...), c'est trop difficile a revoir cette piece sans Kader, meme si fantastique Marie-Agnes et beau Yann sont toujours la... (Yann aurait du danser le role de Kader...)
L'absence de Kader etait trop enorme. Mais bon, rien que pour la musique, le scenographie d'un grand artiste, Oliver Debre, et le choregraphie de geniale Carolyne Carlson, cette piece est quand-meme beau comme un reve. Hate de voir Herve.
あれから、もう5年。カデール不在のシーニュを見る日が来るとは、、、。
素晴らしいマリ=アニエスと美しいヤンは健在で喜ばしい限りだけれど、カデールの不在はやっぱり致命的。この作品は、カデールにしか踊りこなせない。100歩譲って、ヤン。彼に躍らせればいいのになあ。
でもまあ、音楽、セノグラフ&衣装、振り付けが極上なので、作品自体の美しさはたっぷり楽しめる。 はやくエルヴェで見てみたいな。どうだろう?
a0284783_22541795.jpg

a0284783_22512695.jpg
a0284783_22514287.jpg

[PR]



by yukinokano | 2013-07-04 22:55 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

検索

ブログジャンル