Paris Gourmand パリのおいしい日々

トリスタンとイゾルデ@オペラバスティーユ Tristan & Isolde Opera de Paris

17 avril 2014

Scotchee a Opera Bastille pendant 5h30 pour apprécier Tristan et Isolde. Oui, je suis wagnérienne.
オペラバスティーユでトリスタンとイゾルデ。パリ国立オペラ管&フィリップ・ジョルダン。
5時間半という長丁場も、ワグネリアンにとってはただただ嬉しいだけ。
ピーター・セラーズの演出は、映像アーティスト、ビル・ヴィオラの力量だけで持っている感じ。舞台は映像以外ほとんど何もなく、歌手の動きもミニマム。客席を使ったコーラスは面白かったけど。
オペラというより、上質なオケと歌が添えられた素晴らしい映像をひたすら眺めた、という気がする。後ろの方の席で歌手が小さく見えたせいかも。
まあ、トリスタンみたいな動きがほとんどない作品は、こうやって映像を駆使して視覚を飽きさせない演出もいいのかもしれない。
イゾルデのVioleta Urmanaが素晴らしい。去年、ワーグナーガラで聴いたときもよかったっけ。
マルケ王のFranz-Josef Selingも好き。この間ここで見た魔笛で、バラストロでとてもいい味出していた。
a0284783_2242568.jpg
a0284783_2244228.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-04-19 22:08 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

検索

ブログジャンル