Paris Gourmand パリのおいしい日々

パトリック・ジェフロワ(カランテック)Patrick Jeffroy (Carantec)

12 juin 2014

Arrivee a Carnatec, 200km plus ouest de Cancale. Bonjour la baie de Morlaix. A 13h et a 17h.
Apres 10ans, me voila enfin chez Patrick Joffroy, devant la magnifique mer a nouveau. Plaisir!
カンカルから西に200km移動してカランテックに到着。久しぶり、モルレ湾。
13時と17時。明日が大潮かな。
10年ぶりのパトリック・ジェフロワ。パノラマレストランからのこの眺めにまた会えて、とても嬉しい。
a0284783_19411185.jpg

a0284783_19421222.jpg


Huitre tiede a "tosazu (vinaigre du riz & bouillon dashi)" en amuse. Tres lacte et legerment japonise. Pas mal! Je n'aime pas vraiment des huitres mais lui, j'ai bien apprecie.
軽く火を通した牡蠣にポワローと土佐酢。ほんのり温かなミルキーな牡蠣に、優しくまろやかな酸味とポワローの甘みと歯ごたえがマッチ。牡蠣、苦手でほとんど食べないけれど、これは好き。牡蠣好きなら多分これ、6個くらい欲しいと思う美味しさ。
a0284783_19422268.jpg


Seulement quelques dizaines de kilomètres de chez David A., le beurre est bien naturellement le sien, du Ponclet. Pas en cube comme chez des parisiens. Je trouve mon beurre prefere plus doux, plus lisse, plus frais que d'habitude. C'est la meilleures saison, je pense. Avec du pain, on l'abuse.
バターは、愛するル・ポンクレット!ダヴィッドのバターアトリエは、この店からわずか数十キロのところにある。ほんとは、足を伸ばして訪ねようと思っていたのだけれど、ダヴィッドが出張のため断念。いつかバターの桃源郷に行けますように、、、と願いながら、バターをぱくぱく。ミニバゲッドも美味しくて、バターがするする入っちゃう。パリと違ってキューブ型じゃない。いつになくクリーミーで滑らかで香り高く感じるのは、春だから?地産地消だから?止まらないー。
a0284783_19421679.jpg


Sublime qualité et cuisson de langoustine. Elle porte un oeuf mollet, des champignons sauvages et asperge sauvage. Très mimi. Hier chez Monsieur Roellinger, aujourd'hui chez le chef Patrick, je me regale de langoustine. Vive Bretagne!
質も加熱も完璧なラングスティヌ。お腹に半熟卵を抱えていて可愛い。周りは野生のキノコと野生のアスペルジュ。前夜は、ロランジェさんのところでこれまた感動的なラングスティヌを味わったし、連夜ラングスティヌを満喫。ブルターニュ、最高!
a0284783_194249100.jpg


Turbot aussi top quarte et top cuisson. Lieu jaune que on a mange au midi était aussi très bien. Franchement, les qualités et les cuissons sur les poissons et crecetaces du chef Patrick sont parfaites! Accompagnee par beurre des herbes, couteaux, bulot&coque, bonbon de pomme de terre et l'artichaut, une des fiertés de Bretagne.
ヒラメも、質&加熱ともにヒュ〜ヒュ〜。さすがパトリックシェフ。エンガワもとろりと美味しごく。ハーブバター、クトー、ツブガイ&ザルガイ、アーティショーク、ジャガイモボンボンを添えて。もう少しガルニチュールが少なくてもいい気がするけど、このたっぷり加減がこの場所では求められるのかも。
それにしても、魚介の質と加熱、本当にお見事。10年前のアワビやミニ舌平目おいしかったなあ。
a0284783_19425655.jpg


On se voit de temps en temps a Paris mais quel plaisir de le revoir chez lui a Carantec.
J'aime beaucoup ses sensibilités. Dans sa cuisine, il y a des fleurs qu'il a cueilli dans son jardin ou dans la rue.
A bientôt j'espère et merci beaucoup, cher chef Patrick.
パリで時々顔を見るけれど、本拠地カランテックで会うのは実に10年ぶり。ここでパトリックシェフに再会できて本当に嬉しい。
厨房には、料理にあしらうために自宅の庭や道ばたで手ずから摘んだ花が飾られている。彼のこういう感覚、好き。
またこの場所で会えますように。
a0284783_1943895.jpg
a0284783_19434870.jpg
www.hoteldecarantec.com
[PR]



by yukinokano | 2014-06-15 19:49 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

検索

ブログジャンル