Paris Gourmand パリのおいしい日々

新アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ(パリ8区)Nouveau Alain Ducasse au Plaza Athenee

05 septembre 2014

Tout premier diner au nouveau ADPA(Alain Ducasse au Plaza Athenee).
Nouveau chef, nouveau décor, nouvelle carte, nouveau costume, enfin, tout est nouveau.
リニューアルが終わってオープンしたてのプラザアテネ、新生アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネでディナー。
内装、料理コンセプト、シェフ、従業員コスチューム、全て新装。(スワロフスキークリスタルがきらめくシャンデリアはそのまま。)4時間に渡るディナーのスタート。
a0284783_7583977.jpg

a0284783_7585184.jpg


Apres beaucoup d'amuses-bouches, les entrées.
Lentille/caviar/gelee d'anguille. Comme le caviar a la russe, on le mange avec la creme fraiche et blinis. Le meilleur plat de ce soir!
Langoustine & caviar dore. Classique de ADPA, une nouvelle présentation.
サーディンのグリル&頭と骨の唐揚げ(にほん〜)をはじめ、たくさんのアミューズをいただいたあと、前菜達。
レンズ豆&カヴィア&燻製ウナギのジュレ。ロシアのカヴィアみたいに、そば粉のブリニスにフレッシュクリームとともに乗せていただく。美味至極!今夜のナンバーワン。
もう一つの前菜は、ADPAの定番、ラングスティヌ&カヴィア。新しいプレゼンテーションで。
a0284783_84880.jpg

a0284783_759028.jpg

a0284783_7591040.jpg

a0284783_7591549.jpg


Stockfish vu par Monsieur Ducasse façon Louis XV& riz noir aux coquillages.
主菜は、ルイカンズ(ムッシュデュカスのモナコの店。ピコちゃんの棲家)風ストックフィッシュ。ストックフィッシュはニース周辺の伝統料理。イカが飛び切り柔らかくまろやかで美味。
最後は、土鍋で炊いた貝入り黒米。和食店で〆にご飯を食べるのに触発されたそう。だったら、お漬け物とお味噌汁も欲しい(笑)。
a0284783_7591973.jpg

a0284783_7593153.jpg


Defilee des desserts. Peau de lait&fraise des bois&glace du lait. Fameux baba au rhum de Monsieur Ducasse en mini, des frais extra & chocolat de Manifacture de Monsieur Ducasse, bien sur.
デセール軍団。ミルクの皮&森イチゴ&ミルクアイスクリーム。ムッシュデュカスご自慢のババは、アントルメサイズで焼いて小分けにするスタイルに。そして、完熟イチゴとデュカスショコラ工房のショコラ。
a0284783_7591363.jpg

a0284783_7585426.jpg

a0284783_7585695.jpg


Pas de viende, pas de nappe et pas mal de touches japonaises. Ose mais un style identique et intéressant. On a passe une très belle soirée.
野菜、シリアル、そして絶滅の危険ナシの魚がカルトにならび、肉食フランス人が眉を吊り上げるコンセプト。テーブルクロスなしで、グランレストラン贔屓が眉をひそめる内装。和食器&和食コードたっぷり(ムッシュデュカスが京都でべた惚れした精進料理店のご亭主が、春に2ヶ月くらいもこちらにきて、精進料理の指導をしていた)で、パリにいるならいわゆるフレンチガストロノミーを堪能したいという面々が肩をすくめる演出。
大胆な挑戦。でも、華麗なるフレンチガストロノミーなら、ル・ムーリスがそれまでのADPAのスタイルを進化させてやっているから、同じことをこちらでやっても意味ないし、今のパリではこのくらい個性が強い店が誕生するほうが面白いし、肉なし脂肪分少なめという料理を求める人が世界的に増えて来ているらしいので、これはこれでよいと思う。100人中100人に気に入られる必要はなく、毎日30人くらい入ればいいのだしね。
すっごーく美味しくて最高!とは言わない。8月末にオープンしたばかりだし、数ヶ月後にはぐっと精度をあげるだろう。でも、かなり美味しいものもあるし、感性と好奇心が刺激されることは間違いなし。楽しい夜でした。
a0284783_7591015.jpg
http://www.alain-ducasse.com/fr/restaurant/alain-ducasse-au-plaza-athénée
[PR]



by yukinokano | 2014-09-08 08:08 | | Comments(8)
Commented by piko at 2015-02-09 01:54 x
初めまして。
5月にパリへ行き、プラザアテネのアランデュカスに行く予定です。
私は3度目のパリnなりますが、はじめての豪勢にしてみようかと思います。
お値段はいかほどぐらいでしたでしょうか。?
3万円くらいまなら予約してみます。

Commented by yukinokano at 2015-02-09 20:36
こんにちは!
初夏のパリ、最高の季節で楽しみですね。
アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ、最高のラグジュアリーとサーヴィス、そしてムッシュデュカスが新たに打ち出したスタイルの料理を楽しめます。
こちらのレストランサイトの左、Our Menuから、メニューを開けます。お値段、ご参考くださいませ。
http://www.dorchestercollection.com/en/paris/restaurants-and-bars/29-alain-ducasse-au-plaza-athenee/

Commented by piko at 2015-02-11 11:13 x
早速ありがとうございました。
ハーフサイズ3品で??ですね・!お高い。
さすがです。
ディナーでおすすめの場所がありましたら教えていただけますか。ぶしつけで申し訳ありません。
ちなみにホテルはスクリーブです。
Commented by yukinokano at 2015-02-12 03:46
お勧め、たーくさんあるのですが、料理予算3万円(230ユーロくらい?)でしたら、プラザのデュカス同様優美な雰囲気の中、クラシックを美しく昇華させたLe Cinqが、個人的には大好きです。秋からシェフが新しくなりましたが、絶好調です。
日本人シェフたちも活躍中で、Passage53, Restaurant Kei, Pageなどもお勧めです。
でも、あくまで優雅でラグジュアリーな雰囲気を求められるなら、やはりLe Cinqがよいかと。Taillevent もシッククラシックでいい感じです。
ご参考まで。
Commented by piko at 2015-02-12 18:55 x
とても嬉しいです。ありがとうございます。
ジョルジュサンクにあるフォーシーズンホテル内で間違えないでしょうか。
9品もあるようでね。ラグジュアリーな雰囲気を教えていただきまして正にツボです!
早速こちらを予約してみます。

日本人シェフのおすすめレストランはランチにしてみようかな。
本場のタイユバンに行かれたらそれもよいですね。
何しろパリは物価がお高いので、私はパリに行くとドウマゴカフェでサラダとバンショー、ジャンボンサンドですがそれでもお高いなと。ですので今回は思い切ってドレスアップをして伺いたいと思います。

教えていただきましたレストランを参考に心強いです。
一緒に行く女子友2人は初めてのパリなので私が少しでもお役に立てたらと、ちょっと責任感じてしまいます。教えてていただきましたレストランを参考に心強くなれました。ありがとうございました。

Commented by yukinokano at 2015-02-13 19:05
はい、フォーシーズンスのダイニングです。
女性だけでも大丈夫なレストランで、とても優しいので、くつろいでお楽しみいただけると思います。
デギュスタシオンはかなり量が多いので、アラカルトで選ばれるほうが無難かと。
よいご旅行になりますように。
Commented at 2015-03-11 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukinokano at 2015-03-13 04:35
こんにちは。
本を読んでくださって、どうもありがとうございます!嬉しいです。もう情報が古く、なくなってしまったお店などもあり、実用にならない部分もあって恐縮です。

予約は、店によってそれぞれポシリーが違いますが、ひと月前からというケースもちょこちょこ見かけます。
私も来週、遊びにいってきます。秋以来なのでとても楽しみです。

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

検索

ブログジャンル