Paris Gourmand パリのおいしい日々

ワーグナー美術館とパン屋さん(グラウパ)Musee Wagner & boulangerie (Graupa)

23 octobre 2014

Musee Richard Wagner a Graupa, a cote de Dresde.
ドレスデン近郊のグラウパで過ごす一日。ここには、ワーグナー博物館とワーグナーが一夏を過ごしたローエングリンハウスがある。
a0284783_2320945.jpg
a0284783_23192851.jpg


Chat noir aime Wagner, Wagner aimait des chiens et moi, j'aime chat et Wagner.
黒猫ちゃんはワーグナーが好き。でもワーグナーは犬が大好きだった。私は、猫ちゃんとワーグナーに夢中。
a0284783_23211675.jpg


Ohhhh, j'aimerais y être pendant toute la journée. C'est extra, ce truc!
ワーグナーの世界にたっぷり浸れるミュゼ。
この展示、すごーい!音楽に合わせ、演奏中の楽器に色がつく。一日中この展示の前で、トリスタンやローエングリン聴きながら、このオケを眺めていたい。
手前にはスコアもあって、こちらも音楽にあわせて音符に色がつく。
a0284783_23234496.jpg


Boulangerie a cote du musee.
Très bon marche et pas mal du tout! Paris est trop cher…
ヴァーグナー博物館とローエングリンハウスの間にある、昔ながらのパン屋さん。ドイツらしくパンはもちろん秀逸だけど、ムースやチーズ系のパティスリーも期待以上の美味しさ。
パティスリー、大きな一切れが1ユーロとか1.6ユーロ。同じクオリティをパリで求めたら5ユーロ。どんな田舎でもこの味を求めるなら3ユーロ。同じユーロ圏なのにねえ。バレエやオペラもだけれど、ドイツ、クオリティに対しての値段がとても妥当。パリ、なんでも高すぎ、、。
a0284783_2322733.jpg

a0284783_23224365.jpg

a0284783_23225131.jpg

a0284783_23233649.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-10-25 23:27 | その他 | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

ブログジャンル