Paris Gourmand パリのおいしい日々

ピエール・ガニエール(パリ8区)Pierre Gagnaire Paris 75008

11 decembre 2014

Quel plaisir de revenir a ce restaurant dont le chef et la cuisine me plaient beaucoup mais ou je ne suis pas venue pendant 4-5ans.
4〜5年ぶりにピエール・ガニエール。シェフも料理も大好きで昔はちょこちょこ来ていたのに、すっかりご無沙汰してしまっていた。嬉しいなあ、来られて。
a0284783_6544656.jpg


Des petits canapés ainsi des amuses-bouches sont très bon, l'un l'autres, surtout des amuses-bouches. Ils sont minis mais de véritables "créations". Originaux et dejantes mais c'est boooon! C'est le style Gagnaire.
Bonjours, mes chers pains. Depuis toujours, j'adore les pains de ce restaurant. Je veux les emporter.
シャンパーニュ用のカナッペ類も、5種のアミューズもとてもハイクオリティ。特にアミューズ群。みんなちびっこ、でもどれもが、ものすごく考えて作り込まれいてそれは見事なクリエーション。ヘンなのに美味。この量だからこそ、のパンチがあって、一つ一つを感動しながら口に入れる。
昔から大好物だった自家製パンも健在。この店のミルクパンとそば粉パン、お土産にもって帰りたいといつも思う。
a0284783_655110.jpg

a0284783_655610.jpg


Je suis la pour savourer son Lievre en trois services. Depuis toujours, la carte de chasse du chef Pierre m'attire.
Rable pique de lard, Cuisse a la royale et Tourte feuilletée.
Tout est extra-extra-extraordinaire!!! Le meilleur Lievre de ma vie, sans aucune doute.
Qualite, cuisson, assaisonnement sont parfaits, mais ce n'est que la base.
La créativité et les mariages avec les garnitures sont tellement fascinants que ca me met dans l'état d'ivresse….. On est au paradis! Rarement, j'ai ce niveau de sensation. J'ai presque pleure de joie.
今日の目的は、リエーヴル(野兎)。ピエール・ガニエールのジビエメニューは毎年それはそれは見事な充実内容で、食指を動かされる。
リエーヴルを3サーヴィスで。
脂をピケして血を香らせた背肉はとろけるような甘さと旨味で、体が震える。日本の和牛に負けないねえ、と、“美味しい”を100回くらい叫びながらいただく。生涯最高の野ウサギ背肉だ。添えられたキャベツやオレンジマーマレードたちも、そこに”ある”意味を完璧にもっていて、単なる付け合わせにとどまらない。
a0284783_6552519.jpg

a0284783_6552358.jpg


続いて、腿をア・ラ・ロワイヤルで。煮込まれすぎない、噛んだ時の絶妙な肉感がすばらしい加熱。うぁあ、すごいなあ、とまた感動するのが、フォアグラを最後にトッピングする点。ショーフロワな感じと、煮込まれていないフォアグラの食感とシヴェのマリアージュが、これまたため息もの。天才だ、やっぱりこの人。
a0284783_6553510.jpg

a0284783_6553498.jpg

a0284783_65541100.jpg


最後はトゥールト。パイナップル&パパイヤのソルベやプルネルの爽やかさが見事な間の手。どうやったら、こういうこと考えつくんだろうなあ。
どの料理も、伝統的に見えるのに、食べると今まで感じたことのない感動と美味しさに包まれて、くらくらする。
ジビエの女王様の魅力を、味わい尽くす。今シーズンは、もうリエーヴルを食べない。こんなの食べちゃったら、しばらく手が出なくなっちゃうよ、、。オ・バスク、エピキュール、カレ・デ・フィヤン、そしてピエール・ガニエールで堪能したこの冬のリエーヴルシーズン、これにて終了。
a0284783_6561938.jpg

a0284783_6562571.jpg

a0284783_6563161.jpg


Inoui…. J'ai re-decouvert la quintessence du bonheur et la sensation de la haute gastronomie chez ce génie de la cuisine.
Le mots "délicieux" existe pour ce génie de la cuisine. Qu'est-ce que c'était délicieux. Le meilleur restaurant de l'année 2014, dans la catégorie "la cuisine", je pense.
Milles bravo, milles merci et mille bisou, très cher chef Gagnaire.
5種ほどのミニデセート達は、料理のスゴさに比べると、普通。
何はともあれ、料理を堪能しつくした食事。想像と期待以上の素晴らしさに、“美味しい”という言葉の意味を再認識した気がする。
間違いなく、今年最高のレストラン”料理部門” だ。あーでも、年末に行くレストランもこのレベルに来るかも♪
同じ時代を生きられて本当に幸せです、ムッシュ・ガニエール。
a0284783_6563769.jpg

a0284783_657280.jpg

http://www.pierre-gagnaire.com/#/balzac/Maison_Gagnaire
[PR]



by yukinokano | 2014-12-14 07:00 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

ブログジャンル