Paris Gourmand パリのおいしい日々

ア・ノスト(パリ2区)A Noste Paris 2me

31 aout 2015

Soiree tapas chez A.Noste de Julien Duboue.
ア・ノストでタパス宴会。ここは、かつて15区のアファリアと5区のダンレランド、2軒の人気ビストロ&タパスバーを手がけていたジュリアン・デュブエの新しいお店。バラバラだった2軒を融合させて、地上階はタパスバー、上階はレストランになった。
a0284783_1917278.jpg


Bien mange, bien bu, bien bavarde!
イカフライ、パニス、ランド風サラダ、ポレンタ、鴨のネム、トルティーヤ、エリックのシャルキュトリ、フィッシュ&チップス、ムースオショコラ、パッションフルーツのクレームブリュレ。白サングリアとイルルギーをあおりながら、食/飲/喋に没頭。
a0284783_19164114.jpg

a0284783_19155359.jpg

a0284783_1916255.jpg

a0284783_19163265.jpg

a0284783_1917773.jpg

a0284783_19173925.jpg

a0284783_19172371.jpg

http://www.a-noste.com/
[PR]



by yukinokano | 2015-09-01 19:18 | | Comments(6)
Commented at 2015-09-02 03:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukinokano at 2015-09-03 01:24
こんにちは。ブログを読んでくださってありがとうございます!
Pain aux seigleは、ライ麦パンです。フランスのパン屋さんでは、バゲッドやパンドカンパーニュ(田舎パン)と並ぶ定番のパンです。
ただ、パリのものは形はバゲッドほど長細くはなく、楕円や丸形、ケースに入ったものなどが多い気がします。
また、真っ黒というよりは焦げ茶な感じです。ベルギーのほうが、ライ麦の皮がたくさん入った粉を使ったり、小麦の量が少ないのかもしれませんね。店によって色の濃さは多少変わります。シリアルが入っていないものの方が多いと思いますが、シリアルを混ぜ込んだものも探せばあるかと。
どのパン屋さんでも見つけられると思いますが、Bread&RosesやDu pain et des ideesなどのが、私は好きです。
ご参考まで。
Commented at 2015-09-03 04:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukinokano at 2015-09-04 01:11
どういたしまして。
いろいろなお店のものを試して、お好みパンオセーグルに出会ってくださいね!
Commented at 2015-09-12 03:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukinokano at 2015-09-12 18:19
パリは狭いですね(^^)。どなたかしら?

ダヴィッドは、アルページュやマルクヴェイラでセカンドをしている頃から、この料理人いいなあ、と思って注目していた人でした。
アガペシュプスタンスでスペクタクル性とライヴ感たっぷりの料理を1年半堪能したあと、いなくなってしまって寂しかったですが、独立してからもいい感じですねー。横に出来たターブルドットがとてもチャーミングな空間で居心地よくて大好きです。

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

検索

ブログジャンル