Paris Gourmand パリのおいしい日々

2012年 09月 23日 ( 3 )




レストラン・ケイ取材 パリ1区 restaurant Kei 75001

22 septembre 2012

Reportage de la matinee.
午前中の取材。
a0284783_22143277.jpg


Avec lui que j'adomire/apprecie/aime beaucoup.
すごいなあ、えらいなあ、さすがだなあ、すばらしいなあ、おいしいなあ、と会うたびに思う、この人と。
a0284783_22142965.jpg


On ne verra plus ce mis en place de la table. 
Dans quelques jours, il y aura de nouvelles assiettes de presentation qui sont concues par Jaune de Chrome, sur mesure pour Kei. Fantastiquement belles (et ultra cheres)! A voir.
このテーブルセッティングは、もうすぐ見られなくなる。
あと何日かしたら、新しいデコレーションプレートが登場する。ジョーヌ・ド・クロームが圭君のために特別にあつらえた、それはそれは美しい(そしておそろしく高価な)プレート5種。お楽しみに。
a0284783_22153276.jpg


Nouvelle boite pour du beurre (de Pascal Beillevaire), toujours Jaune de Chrome, personalisee pour ce chef japonais dont la cuisine je suis amoureuse. Tres tres rare que cette sublime marque de porcelain s'occuppe de la commande personalise
e. D'ailleur, c'est deja tres rare de voir ces assiettes dans un restaurant. Au Meurice, au ADPA et aussi Maison Troisgros si je ne me trempe pas. Je crois avoir vu egalement chez Agape Substance.
Sa cuisine me manque trop.... On aurait aime y dejeuner. Je l'ai appelle il y a 3 ou 4 jours, mais comme d'habitude "desolee, mais deja complet". Tant pis!
バター(パスカル・ベィルヴェールのもの。デュカスやヤニックが使ってる)の器も新調。こちらも、ジョーヌ・ド・クロームの圭君仕様。このトップ食器メーカーが、オーダーメードに対応してくれるなんて、ものすごく珍しいこと。そもそも、ジョーヌ・ド・クロームをきちんと使っている店だってなかなかない。ヤニックやデュカスのところとかくらいだ。あ、トロワグロにもあったような、、。シュプスタンスでも見かけるね。
大好きな大好きな大好きな圭君の料理。今日のお昼に行きたかったのだけれど、数日前に電話したら、やっぱりもう満席で、キャンセルもでなかった。残念!
a0284783_2216066.jpg

http://www.restaurant-kei.fr
[PR]



by yukinokano | 2012-09-23 22:16 | | Comments(0)

ユーゴ・デノワイエ Regalez-vous de Hugo Desnoyer 75014

22 septembre 2012

Shooting du samedi matin.
A 9h30, il y a deja une queue devant "Regalez-Vous", chez Hugo Desnoyer.
Wagyu, 245euro/kg.....
土曜日朝のシューティング。
9時半、高名な肉屋さんユーゴ・デノワイエの「レガレ・ヴ」にはすでに列。
ワギュウ(チリ産)、キロ245ユーロ。2万5千円くらい、、、?
ラストランスやル・ブリストル(エピキュール)といった3ツ星店から、ラミ・ルイなどの極上ビストロまでを顧客に持つ。ユーゴが仕込む、長期熟成牛肉は一度味わう価値アリ。
a0284783_229281.jpg


Gouter du samedi matin. Pata Negra.
Le week-end commence tres bien.
今朝のおやつ。パタ・ネグラ。
よき週末の始まり始まり。
a0284783_2294259.jpg

http://www.regalez-vous.com
[PR]



by yukinokano | 2012-09-23 22:10 | | Comments(0)

パサージュ53 パリ2区 Passage 53 75002

21 septembre 2012

Apres le reportage chez Alain Passard, le repas chez le peti-fils d'Alain, Shinichi Sato a "Passage 53". 2eme visite en septembre, la chance! Shin a ete forme par Pascal Barbot, un des "fils" d'Alain.
J'aime "Ecole Alain Passard" d'ou David Toutain est aussi sorti.
Cette assiette me fait envie d'aller a Garnier.. Allez, encore quelques jours de patience!
アラン・パサール取材の後は、アランの孫弟子になる佐藤伸一の「パサージュ53」でごはん。伸シェフは、アランの薫陶を受けた「ラストランス」のパスカル・バルボに師事した。
”パサール学校”好き。「アガペ・シュプスタンス」のダヴィッド・トゥタンもパサール学校出身者。
今月はここに2度も来られた、幸せだ。
飾り皿見ていると、ガルニエに行きたくなるなあ。もう数日の辛抱!
a0284783_18163672.jpg


Bonjour mon cher caviar (de Sologne)! Vous etes tres brillant et appetissant comme d'habitude.
こんにちはー、親愛なるカヴィアさん!(ソローニュ産) 相変わらずつややかで食指をそそるいでたちですね。
a0284783_18171885.jpg


L'assiette "blanche", version langoustine.
Chou fleur puree&cru et le seiche est la version orinigale. Depuis quelques mois, Shin utilise parfois la langousitine au lieu du seiche.
Doux, delicat, subtile, completement l'image de ce chef.
”白”の一皿、ラングスティーヌ編。
カリフラワーの生スライス&ピュレ+イカ、というのが、この料理の正統だけれど、数ヶ月前から、伸シェフ、時々、イカの代わりにラングスティーヌを使う。
やさしくデリケートで洗練されていて、どこまでもシェフのイメージに忠実な作品。
a0284783_1818357.jpg


Cela se voit que c'est Shin qui a cree ce plat de Saint-Pierre. Le couleur et la forme sont typiquement le style "Shin".
一目見ただけで、作者が伸シェフ、と分かるようなマトウダイ料理。
a0284783_18183644.jpg


Truffade vu par un chef japonais doublement etoile. Tres bon!
J'aime beaucoup truffade. Celui de Shin est bien rafine mais aussi tres gourmand comme il faut.
Tout nouveau plat comme l'agneau qui est venu apres ce plat.
二つ星日本人シェフが解釈するトリュファード。美味!
ジャガイモ、トムフレッシュ、タマネギで作るカンタルの郷土料理トリュファード、大好き。物産展とかで見かけると、ついつい買ってしまう。
伸シェフの手にかかると、がっつりしたおいしさを残しつつも洗練が加わる。この後出てきた乳飲み仔羊同様、ブランニュー作品。
a0284783_1819787.jpg


Visite de la cave.... Oh, la, la!
Le chef Shin est un pur amateur/connaisseur des vins de Bourgogne. Sa carte des vins est fascinante.
カーヴに案内してもらった。わあ!
伸シェフは、大のブルゴーニュ愛好家&専門家。この店のワインリストは、見ているだけで幸せになる。
a0284783_18194534.jpg


Puis-j'y vivre avec un tire bouchon et un verre, Shin?
Merci beaucoup pour ce delicieux moment!
栓抜きとグラス持って、ここに住んでもいい、伸シェフ?
おいしいひと時でした。どうもありがとう!
a0284783_18201734.jpg

http://www.passage53.com
[PR]



by yukinokano | 2012-09-23 18:20 | | Comments(3)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル