Paris Gourmand パリのおいしい日々

2013年 04月 29日 ( 1 )




高級時計宝飾見本市バーゼル・ワールド2013 Basel World 2013

25-28 avril 2013

4 jours inondes dans le monde de haute horlogerie. Tres charge mais j'adore!
高級時計にどっぷりり漬かる4日間がスタート。超ハード、でも大好きな仕事。
a0284783_2205978.jpg


Je suis vraiment a Bale???
Normalement, Basel World a lieu en mars ou debut avril, jamais fin avril comme cette annee.
Plein de fleur, plein de verdure, un grand soleil. Je n'arrive pas a croir que je suis a Bale.
ここ、ほんとにバーゼル??
高級時計宝飾見本市「バーゼル・ワールド」は、例年、3月か、遅くとも4月上旬。4月末にバーゼルに来るなんて初めて。
花盛り、緑たっぷり、太陽キラキラ。バーゼルにいると、とても信じられない、、、。
a0284783_222052.jpg
a0284783_2222152.jpg


Le 25, reportages avec huit maisons. Elle est le 3eme de mes chouchous d'aujourd'hui.
25日は8軒の取材。今日、3番目に気に入った子。
a0284783_2232159.jpg


Un des deux meilleurs du 26.
Un nouveau escapement (derriere de la montre) du sacre Girard-Perregaux. Technique hallucinant!
26日のお気に入り二つのうちの一つ。巨匠、ジラール・ペルゴの、前代未聞のエスケープメントを組み込んだ新作(の裏側)。GPはやっぱりスゴイ。
a0284783_2245473.jpg


Hors travail, j'ai croise avec une montre d'une des 3 maisons de haute-horlogerie que j'aime le plus.
Il est trop seduissant, Richard Mille. Cela me ferait tres tres tres tres plaisir si l'on m'offre une RM027.
仕事じゃないけど、最高に好きな時計メゾンの一つ、リシャール・ミルの新作とすれ違った。
やっぱりいい、リシャール。ワクワク感と高揚感がたまらない。あーあ、誰か、027をくださらないかなあ、、。
a0284783_2252953.jpg


Le 27, 9 maisons de reportages.
Epuisee, mais les fleurs a l'exterieur des batiments me consolent beaucoup.
27日は、9つのメゾンの取材。
くったくた。でも、会場外の花たちが元気をくれた。
a0284783_2263073.jpg


J'aurais aime partir avec elle... Une nouvelle montre/bijoux(diamand & or rose & MOP) de Bulgari.
9メゾンの取材は、オーヴァーワーク、、、。
とはいっても、美しく職人魂がこもった時計やジュエリーに触れるのはとても喜ばしい。
この子を腕につけたまま帰りたかったな。ブルガリの新作の一つ、ピンクゴールド&ダイヤモンド&MOP。とろんとした重さがなんとも心地いい。ピクニックからソワレまでに似合う作品。
a0284783_2275492.jpg


J'adore la sensibilite de Boucheron pour les hautes joaillerie. Bravo comme d'habitude!
ブシュロンの、自然界の魅力をナチュラルに取り込むハイジュエリーの感性、大好き。いつもながら、ブラヴォ!
a0284783_2283026.jpg


Le meilleur moment d'aujourd'hui. La decouvert d'Opus XIII"de Harry Winston. Cette annee, Opus est developpe par Ludovic Ballouard, un des genies d'horlogers.
Comme les precedents Opus, degente, merveilleux, inedit, seduissant, amusant, fascinant...
La photo est le dos de cette sacree piece. Le face, vous allez voir dans des certains magazines de la haute horlogerie bientot.
Si jamais on m'offrait un Opus, moi, j'aimerais avoir Opus I, concocte il y a 13ans par Francois=Paul Journe que j'apprecie beaucoup.
この日の最上の時間。ハリー・ウィンストンのオーパスXIIIを手にしたとき。今年は、リュドヴィック・バルアーが開発。今までのオーパス同様、いっちゃってて、崇高で、見たことなくて、面白くて、魅惑的。 これは裏面。表面は、これから続々発売される各種時計雑誌に出る(よね、きっと)のをお楽しみに!面白い動きで、見飽きない。
もし誰かが、”オーパスを一つあげるよ”と言ってくれるなら(言ってくれるわけがない)、私はオーパスIがほしい。13年前に、大好きなフランソワ=ポール・ジュルヌが手がけた作品。
a0284783_2291735.jpg


Pendant Basel World, les hotels a Bale sont archi complets et on est oblige a dormir aux villes autour. Cette annee, a Mulhouse.
On est en Alsace (meme si on ne mange pas tres bien a Mulhouse...) donc on a des cigognes. Je les aime beaucoup.
バーゼル・ワールドの会期中は、バーゼル市内のホテルは満室で全然取れない。近郊の町に泊まることになる。
今年はミュールーズ。
アルザス地方なので(にしては、全然おいしいものがない町だけど)、コウノトリさんたちがいる。このぬいぐるみに、昔から、なぜかぐっと来る。
a0284783_2295780.jpg


Le dernier jour a Basel World en visitant 8 maisons.
Elle est la meilleure de ces 4 jours, sans doute.
Patek Filippe, 5160, quantieme perpetuel a date retrograde, boitier Officier d'or rose.
バーゼル・ワールド取材最終日は8軒。 4日間で見た時計の中で、これが一番よかったかな。
パテック・フィリップの5160、レトログラード日付の永久カレンダーに、ローズゴールドが仲間入り。
a0284783_22105760.jpg


Une extraordinaire grande complication dans une boite sublimement gravee a la main. Les autres nouveautes etaient aussi magnifiques. Royal Patek!
ベゼル、ダイヤル、そして裏面のカバーの手彫りモチーフにうっとり。最上のグランド・コンプリケーションが最上の美に包まれた。
他の新作たちも、機構・美しさともに圧巻。 さすがパテック、王者の貫禄。
a0284783_22113874.jpg
a0284783_2212061.jpg


Au revoir Basel World. Retour a Paris. Soleil couchant en Bourgogne.
さよならバーゼル。パリへ帰還。ブルゴーニュの夕日。
a0284783_22131118.jpg

[PR]



by yukinokano | 2013-04-29 22:17 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

タグ

ブログジャンル