Paris Gourmand パリのおいしい日々

2013年 11月 15日 ( 3 )




ラデュレのパンペルデュ(パリ6区) Pain Perdi du Laduree

14 novembre 2013

Heureux petit dejeuner nous fait oublier le temps si mechant.
Je l'adoooore!
幸せ朝ごはん&楽しいおしゃべりが、ひどい天気を忘れさせてくれる。
いつ食べても、ほんっとご機嫌な、ラデュレのパンペルデュ&クレームフエッテ。
温かなパンペルデュとひんやり生クリームの、温度のコントラストがたまらない逸品。 パンは、ブリオッシュ。パンペルデュのために、アパレイユを吸い込みやすいようにムースリーヌっぽく作っている、特別製。クリームと同じ位の柔らかさで、口の中でトロンと一緒に溶ける感覚も最高。ああ、うっとり。
a0284783_21154888.jpg
http://www.laduree.com/




[PR]



by yukinokano | 2013-11-15 21:23 | | Comments(0)

ラザール(パリ8区) Lazare 75008

14 novembre 2013

Shooting a Lazare.
Le nouveau restaurant d'Eric Frechon.
ラザールでシューティング。
ル・ブリストルの総シェフ、エリック・フレションの、新しいカジュアルレストラン。
a0284783_19533104.jpg
Dans la gare St-Lazare, un grand bistrot chic se trouve.
Chouette espace et on y mange tres bien, bien naturellement.
ノルマンディ地方への玄関口、国鉄サン・ラザール駅のエキナカに誕生した、大きなビストロ。
感じのいい空間で、巨匠フレションがプロデュースする、おいしいビストロ料理を楽しめる。
a0284783_19533724.jpg
a0284783_19533106.jpg
http://lazare-paris.fr/





[PR]



by yukinokano | 2013-11-15 19:56 | | Comments(0)

イル・ヴィーノ(パリ7区) Il Vino d'Enrico Bernardo 75007

13 novembre 2013

Diner a Il Vino, un des restaurants d'Enrico Bernardo. Le meilleur sommelier du Monde 2004, un des plus charmants sommeliers pour moi. (bien sur qu'il est italien!)
Au milieu du diner, on a vu le frere et des cuisiniers de Ferran Adri...
a et a la fin du diner, on a vu cela. De quoi il s'agit? La reponse en bas.
エンリコ・ベルナルドのイル・ヴィーノでディナー。
エンリコは、2004年に世界最優秀ソムリエのタイトルを獲得。とってもチャーミングな(イタリア人だもん♪)、大好きなソムリエ。
ディナーの途中ではフェラン・アドリアの弟&彼の料理人たちを見かけ、ディナーの最後ではこれをさわった。これ、なあに?答えは後ほど。
 
a0284783_07003472.jpg
Jose, qui est le chef de Goust(l'autre restaurant d'Enrico a Paris) est devenu le grand chef des deux restaurants.
Chez Goust, c'est la cuisine d'abord et le vin l'accompagne. Ici, depuis toujours, c'est le vin d'abord et la cuisine l'accom...pagne.
Carpaccio de gamberoni, sorbet de limoncello, caviar & Sancerre.
Cepe, anguille fume, pomme de terre & Langhe.
Agneau, puree de chataigne & Saint-Julien.
Comte 3ans, Permigiano 3ans & San Vincenzo
Sorbet de muscat et pistache&pamplemousse & je n'ai pas note...
エンリコの、パリにあるもう一つのレストラン、グストのシェフだったジョゼが、イル・ヴィーノ&グスト両店のグランシェフになった。
グストははじめに料理ありきだけど、イル・ヴィーノははじめにワインありき。
イタリア産エビのカルパッチョ、リモンチェロのソルベ、カヴィア&サンセール。
セープ、燻製うなぎ、ジャガイモ&ランゲ。
仔羊、山栗、キノコ&サン・ジュリアン。
コンテ3年、パルミジャーノ3年、フォカッチャ&サン・ヴィンチェンツォ。
ミュスカぶどうのソルベとピスタチオ・グレープフルーツのお菓子&名前聞き忘れた。
ワインは、ブラインドで。サンセールは品種だけ、サン・ジュリアンは”ボルドー”だけあたった。ガイコクものは、もちろんチンプンカンプン。
a0284783_07010387.jpg
a0284783_07010386.jpg
a0284783_06553054.jpg
a0284783_06553008.jpg
a0284783_06553032.jpg
a0284783_06553015.jpg
La qualite des produits est top et ils sont bien cuisines. Les desserts sont aussi delicieux, le sorbet de muscat est fascinant. Tien, le chef-patissier est un japonais!
Suave soiree. Grazie Enrico, Gracias Jose et Merci&Arigato a tous.
食材の質は素晴らしいし、そのよさが生き生きと描き出された料理。デザートも秀逸で、ミュスカのソルベとピスタチオのアイスクリーム、絶品。おお、シェフ・パティシエ、日本人じゃないですか!
楽しく美味しくワクワクした、とても素敵な夜。グラッチェ、エンリコ!グラシアス、ジョゼ!メルシー&ありがとう、皆さん。
a0284783_07004651.jpg
Tout etait chouette, mais le meilleur moment etait cela.
Rite d'ouvrir un magnum de Tayor's 2001.
すべてが素敵だったけれど、一番心に残ったのは、デセールの終わりの頃の時間。
テイラーズ2001年マグナムを開ける儀式。
a0284783_06553098.jpg

Avec des pinceaux tres chauds, on tien la gorge de la bouteille. Ensuite, un tres vite passage d'une plume trompee prealablement dans l'eau glacee. Le choque termique fait couper la bouteille.
ペンチみたいな道具を熱して、ボトルの首をはさむ。
熱くなったところに、冷水につけた羽でさっと触る。
あ、上の部分が落ちた!
あとは、デカンタージュしていただくだけ。ノワゼットのショコラがけやケークショコラと一緒に、味わう。
a0284783_06553178.jpg
a0284783_06553155.jpg
a0284783_06553152.jpg
Tres beau spectacle. Que beaucoup de sommeliers gardent cette traditon!
素晴らしいエンターテイメントだった。ソムリエさんたち、もっともっとこれを実演してればいいのに。
レストランは、美味しいと同時に、楽しくてワクワクする場所。デクパージュやデカンタージュみたいな、テーブル横でのエンターテイメント的サービス、大好き。
a0284783_07003455.jpg
 
 
 
 
 

[PR]



by yukinokano | 2013-11-15 07:06 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル