Paris Gourmand パリのおいしい日々

2014年 02月 13日 ( 2 )




ミシェル・ロスタン(パリ17区) Michel Rostang 75017

12 fevrier 2014

Dejeuner avec David Akpamagbo du Ponclet, le producteur du beurre que j'adore(homme&beurre) en goutant son beurre. C'est toujours tres marrant de manger des produits avec ses producteurs passiones.
A Paris, on peut saveurer son beurre extra...ordinaire ici chez Michel Rostang. Sinon, a Es et a Lassere aussi.
感動的に美味しいバター生産者のダヴィッド・アクパマグボとランチ。バターもダヴィッドも大好き。
パッションある生産者と一緒にその食材を食べるのは、とても楽しい。
「ル・ポンクレット」(ポンクレでなくポンクレットと発音するそう)のバターを味わえる店は、パリではごくわずか。ここミシェル・ロスタンとラセール、エス。他にあるかな?ビガラードも使ってたっけ。
a0284783_18504238.jpg
A part du beurre du Ponclet, on a saveure de la truffe noire.
En sandwich, avec Saint-Jacques, avec artichaut, avec Ratte, dans la sauce de cochon, etc etc...
Michel Rostang est le roi de la truffe noire.
ダヴィッドのバター以外に食べたもの。
名物黒トリュフのサンドウィッチ、黒トリュフとホタテのミルフイユ、黒トリュフをちらしたアーティショーのリゾット、黒トリュフとラットジャガイモのサラダ、黒トリュフを香らせたソースをかけた仔豚などなど。
ミシェル・ロスタンは、黒トリュフの王様。この季節になると10以上もの黒トリュフ料理がカルトに並んで壮観。
a0284783_18512553.jpg
a0284783_18512522.jpg
a0284783_18512513.jpg
a0284783_18521036.jpg
a0284783_18521058.jpg
Ce qui m'a touche le plus, Ratte tiede aux truffes. Simple patate et champignon font un miracle.
一番グッときたのは、ラットとトリュフの生温かいサラダ。オイモとキノコが美食をつむぐ。
a0284783_18521070.jpg
Avant etre dresse, on ammene la patate et le champignon cuits et couverts de papier alminium. A la table, on dechire le papier et faire sentir l'odeur. Moment magique.
盛り付ける前に、まずはアルミをかけた器がやってくる。目の前でアルミにナイフを入れて中からバアーッとあふれ出るキノコとオイモの香りを嗅がせてくれる。たまらない。
a0284783_18513925.jpg
Le service ainsi les clientels sont tres haut niveau. Il y a un grand charme famillial qui se construit depuis plus de 35ans. J'adore cet ambia...nce.
Vive la truffe noire, vive le restaurant Michel Rostang!

クラシックスタイルのサーヴィス陣は長年この店にいる人が多く、顧客もいかにも食通な常連ばかり。ロスタン一家が35年以上の年月をかけて作り上げてきた家族的な魅力がとても魅力的。こういう店が、パリにいつまでも残りますように。
黒トリュフ万歳!ミシェル・ロスタン万歳!
a0284783_18521003.jpg
http://www.michelrostang.com/




[PR]



by yukinokano | 2014-02-13 18:58 | | Comments(0)

オペラ座バレエ オネギン(クランコ) Onegin de Cranko Ballet de l'Opera de Paris

11 fevrier 2014

Aller a Garnier pour Onegin de Cranko, un des choregraphes que j'adore.
クランコのオネギンを見に、ガルニエに。大好きな作品。クランコは本当にいい。
a0284783_01592382.jpg

Isabelle & Herve, tout les deux etaient fantastiques. Quelle emotion qu'ils ont cree sur la scene dans le 3eme acte!
ようやく怪我から復帰したエルヴェ。ギリギリまで踊るかどうか不安だったけど、よかったー踊ってくれて。1幕はちょっと硬いけど、3幕はイザベルとともに舞台に感動を撒き散らした。2人とも、初演時よりもずっといい。もう一度、このカップルで見たいなあ。無理かな、、。
a0284783_01592389.jpg
Extra!
Juste apres le fin, ils sont toujours dans les emotions.
さいっこう!
終わった直後。まだ、最後のパドゥドゥの感情が顔に残ってる。
a0284783_01592321.jpg
a0284783_01594346.jpg




[PR]



by yukinokano | 2014-02-13 02:04 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

タグ

ブログジャンル