Paris Gourmand パリのおいしい日々

2014年 10月 27日 ( 3 )




ゼンパーオーパーコジファントゥテ(ドレスデン)Semper Oper Cosi Fan Tutte (Dresde)

25 octobre 2014

La dernière visite a Semper Oper. Cosi Fan Tutte.
ゼンパーオーパー最後の訪問は、オペラ。コジファントゥッテ。ほんとは、せっかくのゼンパーなのでオケをしっかり鳴らす作品がよかったけど、仕方ない。今度は絶対、ワーグナーを目指して来る!
モーツァルトなのでオケは伴奏的存在だけど、歌手が揃っていい感じなのと(劇場の小ささと音響のよさ、そして歌いやすい作品だから?それとも歌手の実力?)、アンドレアス・クリーゲンブルクの演出がチャーミングで小気味よく、チャップリンを彷彿させる(すごく意識してる)質のいいファンタジーコメディー舞台を見ている感じでブラーヴォ!歌手たちの演技力もたいしたもので、ほとんど、歌と音楽付きの芝居のよう。
コジを生で見るの、初めて。アンサンブルの美しさに聞き惚れる。アリアに加え、二声~六声までを駆使したアンサンブルが次から次へと沸き上がり、モーツアルトの美的センスを再確認。
期待していたよりずっと楽しく夢中になった3時間。字幕はドイツ語だけだけど、逆に舞台に集中できてこれはこれでいい。
a0284783_21101578.jpg

a0284783_218321.jpg

a0284783_2182033.jpg

a0284783_2183552.jpg


Au revoir et bientot, Dresde et Semper Oper.
バレエ、コンサート、オペラ、全てを楽しめたゼンパーオーパー、憧れていた通りの素敵な歌劇場。来られて本当によかった。
次回は、ワーグナー、ブルックナー、ベートーベン、マーラー、シュトラウス、ブラームス、ウェーバーを聴けますように。
さよならドレスデン&ゼンパーオーパー。
a0284783_2193372.jpg

a0284783_2194895.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-10-27 21:31 | アート | Comments(0)

ゼンパーオーパー演奏会(ドレスデン)Concert a Semper Oper (Dresde)

25 octobre 2014

11h, Concert a Semper Oper.
ゼンパーオーパーでマチネの演奏会。
ランゲの5分時計が11時を告げ、客席が暗くなる。
a0284783_3355471.jpg


Vraiment, Staatskapelle Dresden set top top top! Cerise sur le gateaux, Kyrstian Zimerman a joue! J'etais au paradis….
今回見る3公演中、一番楽しみにしていたのが、ゼンパーオーパー管弦楽団スタッツカペル・ドレスデンのコンサート。
ブロムステッドの指揮は、やわらかな気品に満ちていて、かといって女々しくなくて、精密感と優しさが溶け合ってとてもいい感じ。このオケに合っていると思う。
スタッツカペルは今日も絶好調。弦は前回同様キレがよくて、叙情的かつ達観した感じ。管も火曜日に引き続きが素晴らしい鳴りで、特にオーボエ、ファゴット、そしてホルンの響きと来たら、、。
最初にステンハンマー(って読むのかな?)のシンフォニー2番をやってから、ブラームスピアノコンチェルト1番。
ステンハンマーのロマン派的な情景にたゆたったあとのブラームス、ソリストは、なーんとクリスチャン・ツィマーマン!!もちろん初体験。この劇場、今月はギドン・クレーメルも登場してるし、ゲストすごいなあ。
やわらかなタッチで決して激昂せず、完璧に楽器を緻密にコントロールしている感じ。動きはそれなりに大きいのだけれど、演奏は感情が先走りすぎず、あくまでも曲の魅力を存分に引き出しているイメージ。ついてくるオケの質の高さとともに、両者がものすごい高レベルで引き立てあって、なんだかもう、トランス状態の50分間。
バレエもオペラも簡単にいい席が手に入ったのに、このコンサートだけははやくから売り切れていて、2週間くらい前に、一枚だけ戻り券が手に入った。最上階やや右手であまりいい席でないのだけれど、座ってみると、目の前はシャンデリアとランゲ時計。会場の奥行きがないので、ピアノがかなり近く、真上からツィマーマンの指の動きがほぼ完全に見えた。平土間よりよかったかも。
a0284783_3385695.jpg

a0284783_3365274.jpg

a0284783_3361044.jpg

a0284783_3363184.jpg


周りは、おじーちゃんおばーちゃんばっかり。平均年齢、間違いなく70近い。バレエのときと客層が全然違うし、よけいな咳払いもほとんどなく、拍手も早すぎず、みんな音楽を身近において生きてたという感じですごく素敵。
バレエよりオペラより、やっぱりオーケストラが好きだ。オケの質が最高なら、という条件がもちろんつくけれど。ドレスデンに半年くらい住んで、演奏会に通う日々を過ごしてみたいなあ。
a0284783_3371416.jpg
a0284783_3353754.jpg

https://www.semperoper.de
[PR]



by yukinokano | 2014-10-27 03:41 | アート | Comments(0)

カフェ・クロイツカム(ドレスデン)Cafe Kreutzkamm (Dresde)

25 octobre 2014

Apres des jours de travail, une journee off a Dresde.
Cafe Kreutzkamm, a nouveau.
Son fameur Baumkuchen et Latte macchiato.
仕事は昨日で終了。でもせっかく来たあこがれの街ドレスデン。延泊して満喫しよう。
カフェ・クロイツカム再訪。バームクーヘンとラッテマキアートで朝ご飯。
こうやって薄切りにするのは、ドイツ風だそう。日本のよりもかためなので薄いほうが口当たりいい。
さすがのお味。でも、他のケーキに比べて倍近いパリ値段なのが惜しいなあ。
a0284783_3262398.jpg

a0284783_3253048.jpg

a0284783_3254657.jpg

a0284783_3261555.jpg
http://www.kreutzkamm.de/
[PR]



by yukinokano | 2014-10-27 03:30 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル