Paris Gourmand パリのおいしい日々

2015年 03月 21日 ( 2 )




ラ・グランドヴィーニュ(マルティヤック) La Grand'Vignes (Martillac)

18 mars 2015

Diner pour felisiter la deuxième etoile de Nicolas Masse a La Grand'Vigne des Source de Caudalie niches dans les vignes de Château Smith au Lafitte.
1泊2日のミニヴァカンス。目的は、2015年フランス版ミシュランで二つ星になったニコラ・マスのおゆわい。
10年くらい前、サンジャンドリュズにいた彼の料理に出会って、料理にも人柄にも惚れた。5年くらい前に、ボルドーはペサックレオニャンの銘酒シャトー・スミスオラフィットが経営するラグジュアリースパホテルレストランのシェフになった。ずっと来たかったのに縁がなく、今回、☆の数も増えたことだし、おゆわい言わなくちゃ、と飛行機に飛び乗った。
a0284783_5451340.jpg

a0284783_5423474.jpg


Tourteau avec ses copains iodes, veau d'Aquitaine, Bar&Aonori et sublime agneau de lait de Pyrenees (pas Pauillac, on est dans l'apperation Pessac Leognan!). Delicieux! Simple, pas de chichis, assaisonement tres equlibre. Braaavo et felicitations, Nicolas!
2つ星になったメインダイニング、グランドヴィーニュでディナー。牡蠣、カニさんと海の仲間達、アキテーヌの仔牛&スチュリアのカヴィア、スズキ&青のり、ピレネーの仔羊(ポイヤックでは、ない)。どれも、シンプルで奇をてらわず、優しい味付けで好感度大。特に、仔羊、素晴らしい。確かに二つ星のレベル。しかも、”普通”の料理で二つ星、というのがさすがはニコラ。自家製のパラのブーダン入りパンも絶品。これ、売ればいいのに。
a0284783_540434.jpg

a0284783_5405856.jpg

a0284783_5405267.jpg

a0284783_5435612.jpg
a0284783_5411418.jpg

a0284783_5411293.jpg



Deux cerises sur le gâteaux:
1. Château Smith au Lafette blanc10 et rouge06 en magname.
2. Dessert de nouveau chef pâtissier, le petit fils de Raymond Oliver, LE mythique chef propriétaire du GV! Comme quoi, c'est le sang?
料理の他に更なる喜びが2つ。
1食卓に寄り添ってくれた、スミスオラフィットの白10、赤06のマグナム達。美食と美酒は響きあう。カーヴには古いミレジムもごっそり。ここの白、ほんっと好き。すっかり高くなって、気軽に飲めなくなってしまったのが残念。
2デザート。洋梨の自家製赤ワイン煮込み&ソルベ。へえ〜、と思うおいしさで、聞いたら、3週間前に就任したばかりのシェフパティシエの初めてのクリエーション。彼、なんと、フランス料理界の伝説の料理人でグランヴェフールの黄金期を築いた、レイモン・オリヴァの孫なのだそう。血、かなあ。
a0284783_5421344.jpg

a0284783_542823.jpg

a0284783_542119.jpg


Merci et bravo, Nicolas et Les Sources de Cordalie!
楽しかった&おめでとう&おいしかったー、ニコラ!また近く、遊びにこられますように。
a0284783_545386.jpg
http://www.sources-caudalie.com/fr/restaurants-sources-de-caudalie.html
[PR]



by yukinokano | 2015-03-21 05:47 | | Comments(0)

レ・スルス・ド・コーダリー(マルティヤック)Les Sources de Caudalie (Martillac)

18-19 mars 2015

Petites vacances au Paradis! Les Sources de Caudalie, tene par Chateau Smith au Lafitte.
ボルドー近郊の素敵なスパ&レストラン&ホテル”レ・スルス・ド・コーダリー”でミニミニヴァカンス。オーナーは、シャトー・スミス・オ・ラフィット。
a0284783_5314082.jpg


Dejeuner leger au nouveau bar a vin. Trop sympatique.
まずは、新しく出来たワインバーで軽いランチ。
ニコラ・マスが提案するガンベロー二エビとブイヨン、バンカ鱒の燻製、パラのブーダンのパリパリ、フロマージュなど南西部やスペインのシンプルな美味が、スミスオラフィット白10と赤07というペサックレオニャンの銘酒と出会う喜びに興じる。
a0284783_423153.jpg

a0284783_4232032.jpg

a0284783_5301756.jpg

a0284783_5302761.jpg

a0284783_5304129.jpg

a0284783_424137.jpg


心地よいスパ、小鳥ちゃんたちに囲まれてのお散歩、美しいプールを堪能。
さあ、いよいよ楽しみにしていたディナー!
a0284783_5335029.jpg

a0284783_5311688.jpg
a0284783_534427.jpg

http://www.sources-caudalie.com/
[PR]



by yukinokano | 2015-03-21 05:35 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル