Paris Gourmand パリのおいしい日々

<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧




サマータイム@フォブール・サントノレ(パリ8区)Summer Time de Fb Saint Honore 75008

17 juin 2014

Summar Time Party dans Fg Saint-Honore pour fêter 50eme anniversaire du jumelage entre 5th Avenue de NY.
Dans des prestigieuses maison dans la rue, Burger, Popcorn, des grignotages plutôt americans.
フォブール・サントノレとフィフス・アヴェニュー姉妹都市50年を記念して、サントノレ界隈で夏祭りソワレ。テーマがNYなので、この界隈のラグジュアリーメゾンは、バーガーやポップコーンなどアメリカンフードを振る舞い、道にはヴィンテージアメリカ車がうろうろ。ランヴァンやレクレルール、シャネル、サザビーズなど、普段怖くて入れないメゾンを、シャンパーニュすすりながら見学。
a0284783_024149.jpg


Au Bristol, c'est le burger au foie gras et sorbet au cola/amarena. Signes par les deux chefs Eric et par Laurent. Pas de photo, de-li-cieux!・ブリストルの、焼きたてフォアグラバーガーが美味。アマレナをトッピングしたコカコーラソルベもマル。さすが、2人のエリックとローランという最強トリオの味。
a0284783_0232379.jpg
a0284783_0234455.jpg
a0284783_0224213.jpg
a0284783_0233474.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-06-19 00:25 | | Comments(0)

グランパレの展覧会(パリ) Expositions a Grand Palais Paris

16 juin 2014

Hier. Long après-midi a Grand Palais fleurissant.
グランパレで過ごす午後。お庭、バラが満開。すごくきれい。
a0284783_16281257.jpg
a0284783_16255191.jpg


La 1ere étape, "Bill Viola". Enfin! J'aurais voulu regarder il y a deux mois lorsque j'ai regarde Tristan et Isolde a Bastille. La scénographie est de lui.
Comme dans ce sublime opéra de Wagner, magnifique art video. J'adore surtout des movies de feu, eau et foret.
まずは、ヴィデオアートの巨匠ビル・ヴィオラ。ようやく!2ヶ月前に観たトリスタンのセノグラフィーが彼。愛するワーグナーの作品で堪能したのと同じような映像がたっぷり。人より火や水など自然物を対象にしたものの方がいい。自然現象なのにとてもグラフィック。
a0284783_1626074.jpg

a0284783_1626268.jpg

a0284783_16262024.jpg

a0284783_1627088.jpg

a0284783_16271210.jpg

a0284783_1627258.jpg


La 2eme étape, "Moi, Augste, Empereur de Rome..".
Je suis fascinée par Rome antique. J'adore Auguste, Hadrian et Cesar. Cette année, c'est bimillénaire de ce premier tempereur de Rome.
続いて、我、アウグストゥス、ローマ皇帝。
古代ローマ大好き。ハドリアヌス、カエサル、スキピオ・アフリカヌス、そして初代皇帝アウグストゥスのファン。ということで、これもずっと来たかった展覧会。今年はアウグストゥス没後2000年。彫刻や硬貨、そして彼の時代の様々な工芸品。工芸品が素晴らしい。2000年も前にこんなのを作っていた古代ローマ文明に憧れる。
a0284783_16272731.jpg

a0284783_16273629.jpg

a0284783_16274074.jpg


La 3eme étape, "Robet Mapplethorpe".
Beau, sensuel et brut.
そして最後は、ロバート・メイプルソープ。
凛として挑戦的なのに柔らかなラインがきれいなモノトーンの世界。パティ・スミスの一連の写真が素敵だ。あと花もいい。
ロダン美術館でやっている方も行きたいな。硬と柔が融合するあたり、ロダンの彫刻に通じるものがあるのかもしれない。一緒に見るの面白そう。
グランパレっていつも好奇心を刺激してくれるエクスポジション満載。
a0284783_16275774.jpg
a0284783_16281947.jpg

a0284783_1628888.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-06-18 16:30 | アート | Comments(0)

ラ・フォンテーヌ・ド・マルス(パリ7区)La Fontaine de Mars 75007

16 juin 2014

Fait beau a nouveau. Quel plaisir d'avoir ce temps apres le loooong hiver.
Elle a l'air contente, la belle aussi, entourée par des verdures et des fleurs.
今日も快晴!寒くて雨ばかりだった4月5月を経て、とても気持ちのよい6月中旬。
エッフェル嬢もご機嫌よさそう、木々や花達に囲まれて。
a0284783_1903953.jpg

a0284783_191256.jpg


Ca me fait envir d'un déjeuner sur la terasse. Direction La Fontaine de Mars, un des meilleurs bistrots a Paris pour moi. J'aore l'ambiance et le service ainsi la cuisine, enfin, tout!
こんなお天気の日はもちろんテラスご飯。エッフェル嬢の近く、大好きなビストロ、ラ・フォンテーヌ・ド・マルスへ。
a0284783_190857.jpg
a0284783_1902216.jpg


Ce qui est sublime sur le confit de canard, c'est la graisse. Bien assaisonee, parfumee, fondante, j'adore le manger avec la pomme de terre. La vie est delicieuse…
カスレが最高に美味だけど、夏だから鴨コンフィ。鴨コンフィの魅力はなんてったって脂。驚くほど口溶けよくさっぱりとしていて鴨の風味がたっぷり染み込んでいる。肉と食べるのもいいけど、ジャガイモと一緒に食べるのもたまらない。
a0284783_18591130.jpg

a0284783_1858579.jpg


Ma peche mignon d'ici, Ile frottant. Geant, 15cm de hauteur, tellement légère que au bout de 5minutes, il ne reste plus rien.
この店の大好物おやつ、イル・フロッタント。高さ15㎝くらいあるけど、すごぶる軽くてあっという間におなかの中に。軽めのクレームアングレーズと香ばしいカラメルソースの融合が絶妙。
あー、美味しかったー。
a0284783_1902986.jpg

www.fontainedemars.com/index.html
[PR]



by yukinokano | 2014-06-17 19:03 | | Comments(0)

ビストロ・ヴァロア(パリ1区)Bistrot Valois 75001

14 juin 2014

A 20h30, il fait toujours jour et il fait doux. Ideal pour diner sur la terasse.
Bistrot Valois. Le 3eme bistrot de Laurent Chainel dont le Cafe Tournon que j'aime bien.
Just a cote de Palais Royal, ancienne écurie de Louis-Philippe.
20時半、まだ真昼のようで爽やかな気温。テラスディナーにぴったり。
パレロワイヤルのすぐ横のひっそりした広場に去年秋誕生したビストロ・ヴァロワ。パレロワイヤルに住んでいたオルレアン公の厩舎だったところだそう。オーナーのローラン・シェネルは、人気ワインバーカフェ・トゥルノンなど3軒の経営者。
静かなテラスもいいし、パリらしいビストロ風情の手前のサロンもいいし、厩舎っぽいイメージが残る奥のサロンも素敵。
a0284783_16333447.jpg
a0284783_16332524.jpg
a0284783_1633815.jpg


Sardin de Galice, fameux fois gras que l'on peut gouter aussi au Cafe Tournon et très bon "hambourgeoise". Ici, les viandes sont maturees pendant 5semaines. Des simples plats mais avec la qualite des produits top.
Le diner est accompagnée par du vin naturel et fini avec mi-cuit chocolat & cheesecake.
Agreable soirée d'été dans un agréable bistrot a vin.
ガリス産サーディンのタルティーヌ、カフェ・トゥルノンの名物でもあるとろけるようなフォアグラ、そして”ハンブルジョワーズ”。この店の肉は5週間熟成ものだそう。挽き肉ですら香り高く美味。自家製バンズと羊のチーズとトマトを挟んだ、シンプルながら旨味あるバーガー。
自然派ワインを相方に、ショコラのミキュイとフルーツをたっぷり乗せたチーズケーキで〆る楽しい夏のテラスご飯。
a0284783_16324610.jpg
a0284783_16324889.jpg

a0284783_1633023.jpg

a0284783_16362560.jpg

a0284783_16323575.jpg


Retour a la maison a 23h. J'adore cette saison.
帰り道。23時のパリ。この季節、ほんと気持ちいい。
a0284783_16322771.jpg

www.bistrot-valois.com/accueil.html
[PR]



by yukinokano | 2014-06-16 16:39 | | Comments(0)

パトリック・ジェフロワ(カランテック)Patrick Jeffroy (Carantec)

12 juin 2014

Arrivee a Carnatec, 200km plus ouest de Cancale. Bonjour la baie de Morlaix. A 13h et a 17h.
Apres 10ans, me voila enfin chez Patrick Joffroy, devant la magnifique mer a nouveau. Plaisir!
カンカルから西に200km移動してカランテックに到着。久しぶり、モルレ湾。
13時と17時。明日が大潮かな。
10年ぶりのパトリック・ジェフロワ。パノラマレストランからのこの眺めにまた会えて、とても嬉しい。
a0284783_19411185.jpg

a0284783_19421222.jpg


Huitre tiede a "tosazu (vinaigre du riz & bouillon dashi)" en amuse. Tres lacte et legerment japonise. Pas mal! Je n'aime pas vraiment des huitres mais lui, j'ai bien apprecie.
軽く火を通した牡蠣にポワローと土佐酢。ほんのり温かなミルキーな牡蠣に、優しくまろやかな酸味とポワローの甘みと歯ごたえがマッチ。牡蠣、苦手でほとんど食べないけれど、これは好き。牡蠣好きなら多分これ、6個くらい欲しいと思う美味しさ。
a0284783_19422268.jpg


Seulement quelques dizaines de kilomètres de chez David A., le beurre est bien naturellement le sien, du Ponclet. Pas en cube comme chez des parisiens. Je trouve mon beurre prefere plus doux, plus lisse, plus frais que d'habitude. C'est la meilleures saison, je pense. Avec du pain, on l'abuse.
バターは、愛するル・ポンクレット!ダヴィッドのバターアトリエは、この店からわずか数十キロのところにある。ほんとは、足を伸ばして訪ねようと思っていたのだけれど、ダヴィッドが出張のため断念。いつかバターの桃源郷に行けますように、、、と願いながら、バターをぱくぱく。ミニバゲッドも美味しくて、バターがするする入っちゃう。パリと違ってキューブ型じゃない。いつになくクリーミーで滑らかで香り高く感じるのは、春だから?地産地消だから?止まらないー。
a0284783_19421679.jpg


Sublime qualité et cuisson de langoustine. Elle porte un oeuf mollet, des champignons sauvages et asperge sauvage. Très mimi. Hier chez Monsieur Roellinger, aujourd'hui chez le chef Patrick, je me regale de langoustine. Vive Bretagne!
質も加熱も完璧なラングスティヌ。お腹に半熟卵を抱えていて可愛い。周りは野生のキノコと野生のアスペルジュ。前夜は、ロランジェさんのところでこれまた感動的なラングスティヌを味わったし、連夜ラングスティヌを満喫。ブルターニュ、最高!
a0284783_194249100.jpg


Turbot aussi top quarte et top cuisson. Lieu jaune que on a mange au midi était aussi très bien. Franchement, les qualités et les cuissons sur les poissons et crecetaces du chef Patrick sont parfaites! Accompagnee par beurre des herbes, couteaux, bulot&coque, bonbon de pomme de terre et l'artichaut, une des fiertés de Bretagne.
ヒラメも、質&加熱ともにヒュ〜ヒュ〜。さすがパトリックシェフ。エンガワもとろりと美味しごく。ハーブバター、クトー、ツブガイ&ザルガイ、アーティショーク、ジャガイモボンボンを添えて。もう少しガルニチュールが少なくてもいい気がするけど、このたっぷり加減がこの場所では求められるのかも。
それにしても、魚介の質と加熱、本当にお見事。10年前のアワビやミニ舌平目おいしかったなあ。
a0284783_19425655.jpg


On se voit de temps en temps a Paris mais quel plaisir de le revoir chez lui a Carantec.
J'aime beaucoup ses sensibilités. Dans sa cuisine, il y a des fleurs qu'il a cueilli dans son jardin ou dans la rue.
A bientôt j'espère et merci beaucoup, cher chef Patrick.
パリで時々顔を見るけれど、本拠地カランテックで会うのは実に10年ぶり。ここでパトリックシェフに再会できて本当に嬉しい。
厨房には、料理にあしらうために自宅の庭や道ばたで手ずから摘んだ花が飾られている。彼のこういう感覚、好き。
またこの場所で会えますように。
a0284783_1943895.jpg
a0284783_19434870.jpg
www.hoteldecarantec.com
[PR]



by yukinokano | 2014-06-15 19:49 | | Comments(0)

ル・コキヤージュ(カンカル)Le Coquillage des Maison de Bricourt (Cancale)

11 juin 2014

Voyage avec des saveurs d'un cuisinier-corsaire.
海賊料理人に連れられて香りの航海に出た。
a0284783_349586.jpg


Olivier Roellinger, tres cher chef que j'adore, que j'apprecie, qui me fascine et qui est tout simplement un homme extraordinaire.
大好きで大尊敬しているオリヴィエ・ロランジェと、彼の生地かつ聖地であるカンカルで再び会えて、とてもとても嬉しい。カンカルで会うときとほかの場所で会うとき、ロランジェさんはまとう雰囲気が変わる。
a0284783_3485387.jpg


Sublimes plats, tout parfume par excellence.
Emerveillee, fascinee, etonee, emotionee, sensationee.... Fantastique comme tout. On vit un voyage extraordinaire. Je regrette de pas etre venue ici pendant 5ans. J'y reviendrai vite!
ロランジェさんならではの”香り”に満ちた、珠玉の料理達。感動、驚き、魅惑、高揚、畏敬、歓びに彩られた、カンカルと世界のすばらしきめぐり合いを体感する感動の数時間。デザートは正直普通だったけれど(シャリオだし、仕方ないかな)、料理は全て拍手喝采ブラヴォーブラヴォー!
特に、サクランボを香らせたスズキ、甲殻類をたっぷり入れたブイヨン、そしてほんのりスパイシーなソースと絶品チャツネを添えたカニに興奮。オマールも素晴らしく、カマンベールソースと白アスパラガスの白の競演もよかったし、メゾン・ド・ブリクール時代からのクラシック、マトウダイ”インド諸島からの帰還”も懐かしい美味しさ。スパイスを操らせたら彼の右に出る料理人はいないし、食材の質は3つ星時代と変わらない。
3つ星返上してからの5年間、どうして来なかったんだろう。後悔。時をおかず再訪できますように。
a0284783_3491844.jpg
a0284783_3493325.jpg
a0284783_3494050.jpg

a0284783_3495597.jpg
a0284783_350612.jpg
a0284783_3501530.jpg
a0284783_3503094.jpg
a0284783_3504023.jpg
a0284783_3505337.jpg


Au revoir et a bientot, cher chef Roellinger. Merci beaucoup pour ce moment fasinant.
さようなら、そしてまた近くここで再会できますように、親愛なるシェフ。素晴らしいひとときをありがとうございました。
a0284783_351574.jpg

a0284783_3484158.jpg

http://www.maisons-de-bricourt.com/
[PR]



by yukinokano | 2014-06-14 03:55 | | Comments(0)

レ・ザンファン・ルージュ(パリ3区)Les enfants rouges 75003

08 juin 2014

Fait trop chaud mais mon appétit va très bien.
Dejeuner de dimanche entres les copines chez Dai, Les Enfants Rouges.
Dai a été consulte dans New York Times. Cool et bravo!
あっつーい。でも、食欲はまったく衰えない。
楽しいおしゃべり日曜ランチ、大ちゃんのレ・ザンファン・ルージュで。この間、NYTimesに紹介されたのだそう。すごいねー!
a0284783_23275994.jpg


Mousse de chou-fleurs aux bulot, coque, boutargue. Parfume et délicat.
ニンジンムースのあと、カリフラワークリーム&ツブガイ&ザルガイ&カラスミ。デリケートできれいな風味。
a0284783_23282562.jpg


Navarin d'agneau. Fondant, léger et delicieux.
ナヴァラン・ダニョー。とろとろで、ナヴァランにしてはとても軽やかな仕立て。ブイヨンが絶品。美味しい、美味しいよ!
a0284783_23282149.jpg


Fondant au chocolat & sorbet de framboise. Cerises poeles & Creme anglaise. Miam, miam, miam!
ねっとりフォンダンショコラは癖になりそう。これ丸ごと、お誕生日に欲しい♪ 旬のサクランボはポワレして優しい甘さのクリームと。
a0284783_23274782.jpg

a0284783_23275212.jpg


Tout est bon et très "Dai" qui sait parfaitement bien marier des produits terre-mer ainsi l'acidité.
On s'est régalées. Merci beaucoup Dai & Tomoko!
大ちゃんらしい山海の幸の組み合わせや酸味の効かせ方が、一段と際立った今日のご飯。あー美味しかった!近くにあったら、ほんと毎週通いたい。ごちそうさまでした、大ちゃん&ともさん。
a0284783_23282748.jpg

Les Enfants Rouges
9 rue de Beauce 75003 Paris
01 48 87 80 61
[PR]



by yukinokano | 2014-06-09 23:30 | | Comments(0)

モリトール(パリ16区)Molitor 75016

06 juin 2014

A la Porte d'Auteuil, beaucoup de gens direction a Roland Garros. J'aurais aussi aime y venir pour encourager Rafa. Mais bon, a la Porte d'Auteuil, il y a aussi, cet hôtel qui vient d'ouvrir ou il y ces piscines mythiques.
ポルトドートゥイユの駅は、ロランギャロスに向かう人たちで大にぎわい。私も彼らと一緒にラファの応援にロランギャロスに行きたいところだけれど、ここにはもうひとつ魅力的な場所がある。伝説のプール、モリトール。
a0284783_16175829.jpg


De 1929 au 1989, Molitor était la piscine la plus connue en France. Monumant classe, on la voit a nouveau comme a l'époque, sublime bassin d'été et d'hiver.
1929〜1989年、フランスで一番有名だったプール。社交場でもあり、冬はアイススケート場にも姿を変え、ここで世界初のビキニショーも行われた。歴史的建造物に指定されていてしばらく閉鎖されていたのが、先月、ホテル&プール&スパとして復活。46mの夏プールと33mの冬プール、どちらもアールデコの雰囲気たっぷりですごぶる魅力的。冬プールで、この間ラファがテニスデモをした。ロランギャロスのすぐそばで、フランスチームの多くやベッカーも滞在中だそう。好きだったな、ベッカー。ホテルはデザインコンシャス。美術館に来たみたいで楽しい。このハーレーは、この場所によく来ていたジム・モリソン本人のもの。オークションで手に入れたそう。
a0284783_1618265.jpg
a0284783_16184742.jpg
a0284783_16184810.jpg

a0284783_16183147.jpg
a0284783_16174776.jpg


Le restaurant de Molitor est guide par Yannick Alleno.
Les entrées étaient très "Yannick", ca m'a fait penser sa cuisine au Meurice. Tartare de bar, gelée de Yuzu, fondant de navet. Top! La tarte d'homard était aussi très bien realisee. Je n'attendais pas ce niveau.
モリトール、プールやスパも興味津々だけど、まずはやっぱりレストランをトライ。歴史的建造物プールに面した、ヤニック・アレノプロデュース店。ムーリス時代の料理を彷彿させるものがちらほら。スズキのタルタル&ゆずジュレ&柔らかカブみたいに。秀逸!
a0284783_16163869.jpg


Escalopine de veau & Omelette Elizabeth. Ultra classique, signes par le mythique G. Biscay. Yannick propose aussi des recettes des MOF cuisiniers. Très bonne idée.
続いて食したのは、仔牛のエスカロピーヌとオムレット・エリザベット。オムレットは、オムレット・ノルウェイジエンヌの変形版。こんなウルトラクラシックな作品もカルトに乗っていて楽しい趣向。そして今日一番美味しかったのは、実はクレームキャラメル。なんてことないごく普通のクレームキャラメルに味覚がとろけた。
a0284783_16164492.jpg

a0284783_16164680.jpg

a0284783_16165742.jpg


Très bon restaurant, simple & chic avec la sublime vue sur la piscine.
眺めは抜群、味もなかなか、いいなあここ。今度は、屋上テラスでバーベキューに興じたいな。
a0284783_16183787.jpg
a0284783_16155761.jpg

http://www.mltr.fr/
[PR]



by yukinokano | 2014-06-08 16:21 | | Comments(4)

花に囲まれる一日 Une journee florale a Paris

05 juin 2014

Une journée florale.
Matinee, le decor charmant de Djordie Varda a Royal Monceau. J'aime son style, son decor au Ritz me manque beaucoup.
ピカピカお天気のパリで、お花な一日。
午前中は、ロワイヤルモンソーで、ジョルディ・ヴァルダのデコレーション。リッツ・パリの彼の作品、大好きだったなあ。
a0284783_5445087.jpg
a0284783_5435085.jpg
a0284783_5485780.jpg



Apres midi, Jardin Jardin au Jardin des Tuilleries, jusqu'au 9 juin.
午後は、チュリルリー公園で毎年開催される庭&花イベント、ジャルダン・ジャルダン。6月9日まで。
a0284783_545516.jpg

a0284783_544588.jpg

a0284783_5443857.jpg


La journée florale continue.
Soiree, quelques kilometres de "Garden Party" avec la raine Elisabeth II, un autre Garden Party au thème de "rose" a Saint James Paris. Magnifique temps, magnifique jardin et enfin j'ai fait la connaissance avec Pilou, le chat de cet hôtel. Ravie!
お花な一日は続く。夜は、パリ唯一のシャトーホテル、瀟洒なサン・ジェームスで、”ローズ”がテーマのガーデンパーティー。数キロ先の大統領官邸では、今頃ちょうどエリザベス女王を囲んで同じくガーデンパーティー開催中。
最高の天気、いい香りをまき散らすバラやシャクヤクにあふれたお庭、美味しいピンクシャンパーニュやカクテル、そして3度目の正直でついにピルーと会えた!嬉しくてなでくり回したら、フーッ!て牙と爪を剥かれた。仲良くなろうね、ピルー(^^)。
a0284783_5451210.jpg
a0284783_5464013.jpg
a0284783_5451528.jpg
a0284783_5474069.jpg


a0284783_5451295.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-06-06 05:48 | その他 | Comments(0)

パレドクリスタル&ダフニスとクロエ Palais de Chrsital & Daphnis et Chloe

04 juin 2014

Ballle de l'Opera d Paris, Balanchine & millepied, la 2eme distribution.
Palais de Cristal, beaucoup plus "Balanchine" que la 1ere distribution. Les danseurs ont plus de peps et plus dans la musique.
Suuublime Ludmila avec ses bras très élégants et ses fameuses jambes très lucides que j'adore. Aurelie était tout simplement radieuse comme tout. Le présence d'Herve m'a beaucoup manque mais en meme temps, j'ai pu consantre 100% a Aurelie. Incroyable beauté dans cette adagio. Audric & Eloise sont pas mal ainsi Laura & Yannick et Fabien.
パリ国立オペラ座バレエ、バランシン&ミルピエ、第二配役。
パレドクリスタル、この配役の方が第一配役よりずっと”バランシン”的で、ダンサー達、活気があって音楽に乗っている。
リュドミラのアレグロにみとれる。肩から肘はぴしっと、肘から指先はふんわり、という腕の動きが魅惑的だし、最愛の美脚はたかーくあがってブレなし。リュドミラの興奮の次はオレリーの、息をするのを忘れてしまいそうなくらいそれはそれは美しいアダージョを堪能。気品に満ちた輝きあふれるオーラが完全に舞台を支配。エルヴェが降板していたのは痛いけど、逆に100%オレリーに集中できた。その他ダンサーの存在感が消えた、たぐいまれなオレリーの独り舞台。オドリック&エロイーズも第一の2人よりはずっとよかったし、脇を固めたローラ&ヤニック、そしてファビアンもなかなか。先週に比べて、確実にいい。
a0284783_21464329.jpg
a0284783_21462784.jpg

a0284783_2146161.jpg
a0284783_21453589.jpg
a0284783_21462430.jpg


Comme Palais de Crital, je prefere cette distribution que la 1ere de Daphnis et Chloe. Laetetia & Mathieu sont beaucoup plus "enfants" et angéliques que Aurelie & Herve qui sont plus élégants et royaux. Très poétique, très "reve", ils sont complètement dans l'univers de Ravel & Millepied & Buren. Très très beau moment.
パレドクリスタル同様、ダフニスとクロエも、レテティア&マチューの第二配役の方が好きだなあ。エレガントで神々しかったオレリ&エルヴェに比べて、ずっと子供らしくてピュアでナイーヴ、マチューなんてまるで天使。ポエティックで夢見がちで、ラヴェル&ミルピエ&ビュランが作り出したトーンにぴーったり。この2人は時々すごい舞台を見せてくれて、ほんといいカップル。夢のような55分、前回と違って飽きる暇なく作品に没頭。オケ、やっぱりいい。来シーズンは、もっとジョルダン&オペラ座管でバレエをやってほしい。いい公演だったー。
a0284783_21455628.jpg

a0284783_21452999.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-06-05 21:47 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル