Paris Gourmand パリのおいしい日々

<   2014年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧




ラデュレ・パリの新作本”マカロン” "Macarons", nouveau livre de Laduree Paris

03 novembre 2014

Nouveau livre de Laduree, "Macarons", arrive!
ラデュレの新作本”マカロン”、到着!
a0284783_1753694.jpg


130 perfumes de "must" de Laduree. Recettes, jolies photos, accord avec des boissons… Comme "Sale" et "Sucre", tres mignon maquette.
このメゾンのアイコンお菓子、130ものフレーバーがあるそう。レシピ、素敵な写真、飲み物とのマリアージュ提案。
数年前に出た”シュクレ”と”サレ”同様、ラデュレボックス入りの四角形の可愛い装丁。おまけにマカロンポスターもついている。ラブリー&キュートな、ラデュレらしい新作。
a0284783_17531872.jpg

a0284783_17534394.jpg

a0284783_17531931.jpg
https://www.laduree.com/fr_fr/
[PR]



by yukinokano | 2014-11-04 17:55 | | Comments(0)

パリオペラ座バレエ レイン Ballet de l'Opera de Paris "Rain"

02 novembre 2014

Bonsoir Palais Garnier. Ca fait un mois et demi. Tu m'as manque.
一月半ぶりのパレ・ガルニエ。
先週のドレスデンが入ったからか、なんだかとても久しぶりな気がして新鮮。
a0284783_2055047.jpg

a0284783_2062235.jpg


Rain d'Anne Teresa de Keersmaeker.J'ai rate cette pièce en 2011 et je regrette beaucoup.
Musique de Steve Reich est fantastique, les costumes de Dries Van Noten sont sublimes et le chorégraphie de Keersmaeker est très bien monte. Chouette 70minutes.
ケースマイケルのレイン。2011年にオペラ座バレエのレパートリーに入ったときに見逃したのが大いに悔やまれる。
思っていたよりずっといい作品。スティーヴ・ライヒの、マリンバやピアノ、ヴィブラフォンや声を使った音楽はそれだけで素晴らしくてコンサートとして楽しめるし、セノグラフも好み。
ドリス・ヴァン・ノッテンの、いかにも質感がよさそうな衣装も抜群。写真はラストの衣装だけど、ダンサーたち2〜3回着替えていて前半のが特に素敵だった。この夏のデフィレは、このバレエ作品の衣装に近いイメージのものが多かった、と聞く。ある意味、上質な振り付けと音楽とセノグラフに乗せたドリスのデフィレをたっぷり満喫した感じ。欲しいスカート、2点アリ。
ケースマイケルの振り付けは、10人のダンサーが複雑かつシンプルに入り乱れて(1人途中で怪我をして、出たり出なかったりというシーンもあったけど)、タイトル通り、雨のしずくが滴り落ちたり地面に跳ねあがったり、様々な動きを休むことなしに見せる感じ。雨による万華鏡のイメージ。音楽がほとんど舞台の一部として機能し、セノグラフも踊りと音楽にきれいに共鳴していて、飽きる暇なしの70分間。
ダンサーは、まあ、再演だからね、、。レオノールが想像通りにいい。他は普通。このテンポの作品は、早さについて行けるのと同時に、引いて&溜めて、さらに音楽を抱き込む余裕を持てるダンサーでないと難しい。パリなら、若い頃のジェレミーやアレッシオにエレ、今ならぎりぎりマチアスやミリアム、リュドミラとか。ミテキもこういう作品はよかっただろうな。初演を行ったケースマイケルのダンスカンパニーで見てみたい。
a0284783_207728.jpg

a0284783_2073038.jpg

a0284783_2082075.jpg

a0284783_2083351.jpg

a0284783_2081066.jpg

[PR]



by yukinokano | 2014-11-03 20:11 | アート | Comments(0)

ル・コントワール(パリ6区)Le Comptoir du Relais 75006

30 octobre 2014

Diner chez Yves est toujours très sympathique entoure par des cochons.
仔豚たちに囲まれるイヴのところでのディナーは、いつもとってもいい感じ。
a0284783_6323457.jpg


Terrine de boudin, oeuf mayo, chou farci facon Yves et enorme vacherin. Festin!
今夜は、アントレに、焦げ具合が絶妙なブーダンのテリーヌと、マヨネーズが上出来な卵マヨネーズ。カフェやビストロの定番料理”卵マヨネーズ”は、シンプルながら奥深い一品。この料理のコンクールまである。イヴのところのは、マヨネーズがごく普通っぽいのだけれど後を引く美味しさで、パンにたっぷりつけて食べてしまう。
a0284783_6315951.jpg


主菜は、ガツンと味の濃いイヴ風シューファルシ(ロールキャベツ)。テリーヌ風で断面が見えるのもいいし、豚肉を2種類使っているのも楽しい。もちょっと塩が弱いと最高なのだけれど、イヴの料理は全体的に塩気たっぷりなので仕方ないかな。
ペルスヴェルのカラーナイフ、ここは定番9.47でなくてユゴ・デノワイエデザインの888。今夜は、前菜は空色、主菜はピスタチオ色。主菜、ほんとは白が当たったのだけれど、友達のピスタチオ色と交換してもらった。いろんな色があるけど、一番好きなのはプルーン色。赤も可愛い。
a0284783_6323011.jpg


おやつは巨大なヴァシュラン。大きさにおののきながら、みんなでつつく。
ごちそうさまでした!
a0284783_632537.jpg

http://www.hotel-paris-relais-saint-germain.com/
[PR]



by yukinokano | 2014-11-01 06:38 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル