Paris Gourmand パリのおいしい日々

<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧




エクサゴヌ(パリ16区)Hexagone Paris 16eme

26 fevrier 2015

Dejeuner a Hexagone de Mathieu Pacaud.
Mes félicitations pour ton propre univer, Mathieu! Je l'attendais depuis 1an et demi.
名店ランブロワジーの息子シェフ、マチュ・パコがオープンしたエクサゴヌでランチ。一年半くらい前に話を聞いてから、ずっと楽しみにしていた。オープンおめでとう、マチュ。
a0284783_2221686.jpg

a0284783_22205786.jpg


Cuisine classique-chic, ambiance NAP, service classe et la carte de vins au verre incroyable. Carrement complet a cette saison des vacances. Bravo!
軽い洗練をほどこしたクラシックな料理、昔で言うNAPな感じの上品な雰囲気、エレガントカジュアルなサーヴィスで、なかなか上手にまとまっている。2月のヴァカンスシーズンはどの店も集客に悪戦苦闘しているけれど、ほぼ満席。すごいねー。そして、グラスワインリスト、圧巻。
a0284783_22214287.jpg

a0284783_22222897.jpg

a0284783_22223389.jpg

a0284783_22224625.jpg

a0284783_2222487.jpg

a0284783_22221061.jpg

a0284783_22232728.jpg


Dans le meme bâtiment, un autre restaurant très gastronomique arrivera bientôt. Vivement l'ouverture! Bonne continuation, Mathieu.
同じ建物内に、マチュは春頃にガストロノミーレストランもオープンさせる。内装はもう出来ていて食器選び中。マチュらしい、音楽的センスも感じられるコンセプトになるそう。すっごく楽しみ。
a0284783_22211445.jpg

http://hexagone-paris.fr/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-28 22:29 | | Comments(0)

ペレアスとメリザンド@パリオペラ座 Pelleas et Melisande de l'Opera de Paris

25 fevrier 2015

Pelleas et Melisande de Robert Wilson & Philippe Jordan a Opera Bastille.
パリ国立オペラ座、ペレアスとメリザンド。生で見るの初めて。作品自体、あまり興味なかったけれど、初演時からとても評判よかったプロダクションなので、出向いてみた。
a0284783_2112320.jpg


Bon maittre en scène & bon conducteur pouvant cree un très bon moment. En plus, Elena Tsallagova était parfaite Melisande.
Très belle soirée.
大正解!フランス人作曲家とオペラ座管の相性はいいし、フィリップ・ジョルダンは、棒を持たない柔らかい手でドビュッシーの情緒的で印象派な音楽を上手に語らせるし、歌手達も揃ってまあまあで、特に、エレナ・ツァラゴヴァが、演出にも人物設定にもぴったりの美しくミステリアスなメリザンドでとてもいい。
そしてこのプロダクションの肝、ロベール・ウィルソンの演出。ミニマリズムで象徴的なデコとライト、緩慢かつ神秘的な動きは、白く塗った顔も含めて能舞台のイメージ。人物同士に距離を持たせて、”無”に意味を持たせた動きが絶妙。歌手がふれあうのは、ペレアスが殺される直前の一瞬、ペレアスとメリザンドの手だけ。ラストシーンも感動的で、音楽が終わってもしばらく拍手が沸き上がらず、会場がしんとした感動に包まれた。
異次元をたうたうような不思議な美しさのオペラにとっぷり浸かって、感覚が癒された気持ちのよい3時間。
a0284783_2113499.jpg

a0284783_211912.jpg

a0284783_2112239.jpg


いいオペラはお腹をすかせる。ラムリーに行ったらもう飲み物しかなくて、ダローザに行ったらもう閉店で、エトナも飲み物オンリーの時間で、泣く泣くカフェでクロックムッシュ&フリット。とほほな夜食で日付が変わる。
a0284783_2122581.jpg

[PR]



by yukinokano | 2015-02-27 21:02 | アート | Comments(0)

オ・シャルパンティエ(パリ6区)Aux Charpentiers Paris 6eme

23 fevrier 2015

Dejeuner aux Charpentiers, un des cantines de Monsieur Chirac et des senateurs.
シラク元大統領や上院議員達に愛されてきた、古きよき伝統料理を満喫できるレストランでランチ。
a0284783_3564843.jpg


Terrine de langue&pied de veau. Blanquette de veau. Gratin des endives/jambon. Pruneau au vin/grace vanille. Miam, miam, miaaaam!
Vive la cuisine classique! Vive Aux Charpentiers!
食感が小気味よいあっさり味の仔牛の舌&足のテリーヌ。仔牛肉の風味と食感をしっかり残した上出来ブランケットドヴォー。あつあつとろとろの、アンディーヴとハムのグラタン。プルーンのワイン漬けとヴァニラアイスクリーム。
いいなあ、こういうの。クラシック万歳!オ・シャルパンティエ万歳!
a0284783_3545433.jpg

a0284783_3562046.jpg

a0284783_3545337.jpg
a0284783_3583641.jpg
http://www.auxcharpentiers.fr/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-24 03:59 | | Comments(0)

ヘイマット(パリ1区)Heimat Paris 1er

18 fevrier 2015

Le 1er repas a Heimat de Pierre Jancou.
J'adoooore le gout de Pierre depuis Racine. Je sais deja que ce restaurant me plaira très bien.
ピエール・ジャンクの新店ヘイマット、初訪問。
クレムリー、ラシーヌ、ヴィヴァン、、、。昔から、ピエールのセンスに惚れている。超自然派ワインのセレクトはもちろん、内装、才能ある若い料理人の発掘、料理、全て。来る前から、絶対好きになる、と分かっていた店。
a0284783_0522088.jpg

a0284783_052674.jpg


Ca commence très bien avec un vin d'Ardèche et tortellini au lapin. Délicat, doux et naturel, l'un l'autre. Ah oui!
ウサギのトルテリーニは、優しい味わいの野菜ブイヨンと共に。アルデッシュのごく柔らかなトーンの白にぴったり。いいねえいいね。
a0284783_0523076.jpg


Le chef Michele est italien et la chef pâtissière Marion est strasbourgeoise. Ils sont tout les deux beau/jolie, sympathiques et talentueux.
Succulant Aglio olio peperoncino et lieu noir/tapenade/pane/chou kale très subtil. A la fin, fantastique chocolat/cacahuete/pemplemousse/gingembre. Pierre est vraiment doue pour découvrir de nouveaux talents. Avec un blanc macere de Sicile qui est un vrai délice, ce déjeuner est un pur bonheur.
シェフのミケーレはイタリア人(ハンサム。ヴィヴァ・イタ〜リア!)、パティシエールのマリオンはストラスブール娘(とっても可愛い♡)。厨房はマリオン以外みんなイタリア人。どこまでも陽気で、サーヴィス後は、南の太陽を思わせる音楽に乗って、みんな歌いながら&踊りながらお掃除している。
ミケーレのアーリオオリオペペロンチーノ、最高!”家でよく作るんだ、おいしいよね~”ってミケーレ。家に遊びにいかせてください。タラ料理、付け合わせの自家製タプナードと粗くつぶしたパネがおみごと。パンデザミにたっぷりディップしていただく。
マリオン作のおやつも素晴らしい。さっくりショコラサブレ、ピーナツのプラリネ風、グレープフルーツとショウガ、もう一つなにか。食感も風味も、軽やかさとコクのバランスもほんとに素晴らしい。まだ二十歳、すごい~。さすがアルザス!
a0284783_0553727.jpg

a0284783_0523922.jpg

a0284783_0532570.jpg

a0284783_0533784.jpg

a0284783_053238.jpg


Merci et bravo Pierre, Michele, Marion et les autres de chez Heimat! A très très vite.
テレスコープから仕入れている強烈な個性のガテマラ産カフェで覚醒して、幸せご飯の終了。ごちそうさまでした、ピエール、ミケーレ、マリオン、みんな。また、近いうちに♡
a0284783_052073.jpg
https://www.facebook.com/pages/Heimat/1511413952479575
[PR]



by yukinokano | 2015-02-20 00:59 | | Comments(3)

グラン・ドテル・デュ・パレ・ロワイヤルの午後(パリ1区)Grand Hotel du Palais Royal Paris

16 fevrier 2015

L'heure de cocktail & patisserie a Grand Hotel du Palais Royal. Tres bel hotel avec la vue magnifique.
おやつ&カクテルタイム。素晴らしい眺望を持つお部屋がたくさんある、スタイリッシュなグラン・ドテル・デュ・パレ・ロワイヤルにて。
a0284783_20143450.jpg

a0284783_2015274.jpg


Champagne/marmelade/vervaine & Tarte au citron meringue. Hmm, très bon mariage.
マーマレードとヴェルヴェーヌを香らせたシャンパーニュベースのカクテルと、レモンメレンゲタルトの相性が◎。
a0284783_20151375.jpg

a0284783_20152982.jpg

a0284783_20154260.jpg
a0284783_20145352.jpg


A cote de Palais Royal, des passages cloute se semblent aux oeuvres de Buren.
ホテルの前の横断歩道。真横にある、パレロワイヤル内のダニエル・ビューレンの作品に共鳴している。
a0284783_20165415.jpg
a0284783_2017869.jpg
http://www.grandhoteldupalaisroyal.com/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-18 20:18 | | Comments(0)

ル・ムーリスのアフタヌーンティ(パリ1区)Afternoon tea au Meurice Paris

13 fevrier 2015

Chaud, chaud! Les madeleines sont sorties du four!
マドレーヌ焼けたよ、おやつの時間がはじまるよ!
a0284783_21321016.jpg


Afternoon tea au Meurice. Suave moment en belle ambiance avec de delicieux sucres/sales, the fleur, champagne rose….
ムーリスでアフタヌーン・ティ。お天気悪いからか人があまりいない落ち着きある優雅な雰囲気のなか、焼きたて蜂蜜入りマドレーヌをはじめ、スコーンやミニパティスリー、フィンガーサンドウィッチ、花茶&ピンクシャンパーニュに囲まれて、バラ色のひととき。
a0284783_2132337.jpg

a0284783_21321792.jpg

a0284783_21323842.jpg

a0284783_21332398.jpg


Cerises sur le gâteau. Degustations des patisseries de Cedric.
La vie en rose au Meurice. Merci beaucoup.
シェフパティシエのセドリックが他のパティスリーの味見もさせてくれる。ありがとー。大好きパラスホテルで過ごす、楽しく幸せな夕暮れ。
a0284783_21325558.jpg

a0284783_21331015.jpg

a0284783_21331077.jpg

a0284783_2132562.jpg
http://www.dorchestercollection.com/en/paris/le-meurice/restaurants-bars/afternoon-tea
[PR]



by yukinokano | 2015-02-16 21:36 | | Comments(0)

ル・カンシー(パリ12区)Le Quincy Paris 12eme

12 fevrier 2015

Diner-spectacle au Quincy. Un mythique bistrot a Paris.
まるでオペラで味わうような感動をくれたディナー。ここは、唯一無二の魅力を持ったむかーしからある名物ビストロ。オーナーのムッシュ・ボボスの個性が強くて、好き嫌いがかなり分かれるらしい。私は、先週仕事で来た時にすっかり魅力にはまってしまい、早速再訪。
a0284783_19375563.jpg

a0284783_19341388.jpg


Ouverture. Champagne, saucisson, pate campagne, jambon "Boboss"&foie d'oie. Hmmm, delicieux, l'un l'autres.
オペラ”ル・カンシーの夜”、開演。序曲。
シャンパーニュ、サラミ、先週中庭で冷やされているのを目撃した田舎パテ(味は濃いのにさらっとお腹に入っていく)、ボボス印生ハム(パルマハム36ヶ月熟成で、ムッシュ・ボボスが厳選。塩がうすくとろけるような柔らかさ)、ガチョウのフォアグラ(なめらか~)。
出だしから早速、拍手喝采!
a0284783_19342830.jpg

a0284783_19343692.jpg

a0284783_19344594.jpg


1er acte. Air d'Oeuf brouillée truffée cuite par Monsieur Boboss accompagnee par un bon Quincy.
期待をあおる序曲に続き、うっとりの一幕。トリュフをガーッとミキサーで砕き、鍋にバター、クリーム、卵を割り入れ、トリュフも加えて、かきかきかきかき。火加減がポイントだそうで、しょっちゅうプラックから鍋を離して、ひたすらかきかき。18年以上かけて、少なくとも1600回はフランスのレストランに通ってきたけれど、目の前で作ってくれるトリュフかき卵、初体験。
バターの香りたっぷりの、素晴らしいお味。最後はお鍋にスプーンをつっこんで、余すところなく堪能。相方は、カンシーの白。これがなんにでも合う万能選手でとてもチャーミング。
a0284783_19345451.jpg

a0284783_19345182.jpg

a0284783_19351148.jpg


2eme acte. Duo de Cassoulet / Blanquette de veau. Anime par Saint-Joseph de Monsieur Boboss. Le tire bouchon est top!
二幕。カスレとブランケット・ド・ヴォーの高らかに歌い上げられるデュエット。伝統的なビストロ料理の粋を満喫。カスレが特にいい。先週味見したシューファルシも絶品だったし、次は、ポトフを試したいなあ。
ボボス印のサンジョゼフをごくごくやりながら。
a0284783_19365340.jpg
a0284783_19365429.jpg
a0284783_19371626.jpg

a0284783_19372937.jpg


3eme acte. Choeur des desserts.
三幕。デザートの合唱。クラシックな魅力満載。ミントアイスクリーム、素晴らしい。フリュイコンフィはヴァニラアイスクリームに乗せて食べるとよいのだそう。
a0284783_19373427.jpg


A la fin, des applaudissements a Monsieur Boboss en saveurant Prune flambee.
Fantastique l'ambiance. On n'est pas a Paris, on n'est pas au temps actuel. On peut vivre vraiment un spectacle délicieux et unique ici, a "Theatre Bobosse".
Merci infiniment et bravo a Monsieur Bobosse, Mme Jacky, chef Laurent, Henri et Christophe. J'adore Le Quincy!
そしてアンコールは、ムッシュ・ボボスが素晴らしい台詞を語りながら作ってくれる、この店名物のプルーンオードヴィのフランベ。こんなパフォーマンスも、1600以上のレストラン体験の中で初めて。見とれちゃう。たっぷり入ったのを飲みきって、お腹の中、隙間ゼロ〜。
外界と一線を画したオーベルジュ風の内装、年齢層・男性率・食いしん坊率ともに高い素晴らしい客層、クリストフとアンリの目端の利くつかず離れずのサーヴィス、ローランシェフのクラシックでおいしい料理、デクパージュ料理の多いスペクル性高い演出、そしてムッシュ・ボボスのものすごく楽しいキャラクターとマダム・ジャッキーのなんとも言えない存在感。全てが溶け合って、たぐいまれな魅力を放つボボス劇場ことル・カンシー。昔から、レストランは美味しい場所である前に楽しい場所であり、オペラみたいに総合芸術を楽しめる場と思って愛して来た。そういう意味で、この店、完璧。
あぁ、これだから、レストランはやめれれない。これからどうぞよろしくお願いいたします♡
a0284783_19375893.jpg


Il a travaille a Savoy a Londres a l'époque. Il était beau!
おまけ。ムッシュ・ボボスは若い頃、ロンドンのサヴォイで働いていた。先週見せてくれた、その頃の写真。いい男〜。
a0284783_1934697.jpg
http://www.lequincy.fr/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-14 19:44 | | Comments(0)

新生ピカソ美術館(パリ3区)Nouveau Musee Picasso Paris 3eme

11 fevrier 2015

Magnifique soleil et il fait plutôt doux. Promenade en Marais en visitant le nouveau Musee Picasso.
Plus grand que dans mon souvenir, beaucoup de tableaux et les objets.
すごーくいいお天気!しかもそんなに寒くない。今年一番のお天気じゃないかな。気分うきうき。
マレをお散歩しながら、去年秋にリニューアルオープンしたピカソ美術館を訪問。
こんなに大きい美術館だっけ?と、ちょっとびっくりするくらいの広大なスペースと大量の作品で大充実。時間たっぷり取っておいてよかった。
由緒ある古い館を利用しているけれど、館自体の魅力もそここに感じられ、とてもいいコンフィギュレーションになった。
a0284783_1994187.jpg
a0284783_19102347.jpg

a0284783_199939.jpg
a0284783_1994750.jpg


Jolis visages 1ere serie.
可愛いお顔シリーズ1。一番好きなのは、”日曜日”と名付けられた、最初の。日曜日って、やっぱり笑顔になっちゃうね〜。馬みたいなのも(馬に見えるけど浴女なの)ぐっと来るお顔。ああでもみんな可愛い。
a0284783_19103780.jpg

a0284783_19101586.jpg

a0284783_19113078.jpg

a0284783_19105841.jpg
a0284783_1910464.jpg

a0284783_1911721.jpg


Jolie visages, 2eme serie.
可愛いお顔シリーズ2。山羊さん横の子の顔が一番いいかな。どれも表情豊かで、なんだかとっても楽しくなっちゃう。
a0284783_1912576.jpg

a0284783_1912959.jpg

a0284783_19121335.jpg

a0284783_19122494.jpg


A bientot, j'espere!
また近いうちに、チャーミングな顔達に会いにこよう。
a0284783_19112085.jpg

http://www.museepicassoparis.fr/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-13 19:17 | アート | Comments(0)

ル・バー・デュ・ブリストル(パリ8区)Le bar du Bristol Paris 8eme

09 fevrier 2015

Degustons LE cocktail grâce auquel Alexis, un des barmans du Bar de Bristol, vient de devenir un des MOF Barman. Frais, equilibre et délicieux. Bravo Alexis!
Au Bar du Brisotl, il y a maintenant deux MOF Barman. Maxime qui a eu ce title a 25ans il y a 4ans, et Alexis 27ans. En France on a que 6 ou 7 MOF barman au total. C'est quand-meme exceptionnel, ce bar.
ついこの間MOFバーマンになったばかりの、とてもサンパなアレクシス。夏のガーデンパーティーで披露してくれたカクテルもすごくよかったっけ。
MOFコンクールで披露したオリジナルカクテルを味見。フレッシュでバランスよく、すいすい飲めてしまう抜群の美味しさ。こんなカクテル作っちゃ、そりゃMOFとっちゃうよ。おめでと!
MOFバーマンは4年前の前回から新しく出来た部門で、まだ6~7人しかタイトル保持者がいない。前回、25歳でこのタイトルを獲得したマキシムは、このバーのシェフバーマン。アレクシスは27歳。希少な若手MOFバーマンたちの才能を味わえる、大好きなバー。
a0284783_2251886.jpg

a0284783_225108.jpg


Ce soir, au bar, vernisage de l'exposition de Julien Benhamou, un des photographes officiels de Ballet de l'Opéra de Paris. J'utilise souvent ses photos pour animer les articles mais c'était la première fois que j'ai fais sa connaissance. Merci pour vos jolies photos!
Jusqu'au début mars, on peut apprécier de sublimes photos des danseurs de Julien au Bar du Bristol.
今夜はここで、オペラ座バレエのオフィシャルカメラマンの1人、ジュリアン・ベンアモの写真展ヴェルニサージュ。昔から彼の写真をよく記事に使わせてもらっているけど、ようやく、はじめまして!できた。
普通の写真でなく、ムーヴィー用画面にアーティスティックな写真が次々と映し出される。フランソワのがやっぱり一番すてき。3月上旬まで開催。
a0284783_22493452.jpg

a0284783_2249646.jpg

a0284783_22484480.jpg


Cocktail, danseurs et le chat dormant. Des bises a mon chef Fa-raon.
カクテル楽しんで、ダンサーたちの写真を愛でておしゃべりして、帰りがけ、熟睡中のファラオンにたっぷりビズー。ブリストル、大好き。
a0284783_22434234.jpg

a0284783_22433945.jpg

http://www.lebristolparis.com/fr/restaurants-et-bars/le-bar-du-bristol/
[PR]



by yukinokano | 2015-02-10 22:58 | | Comments(0)

ジャン・ミエ パー サダハル・アオキ(パリ7区)Jean Millet par Sadaharu Aoki Paris

08 fevrier 2015

La premiere visite a Jean Millet par Sadaharu Aoki.
Sada a travaille ici il y a longtemps. Des dixiennes annees apres, on lui a demande de faire revivre cette patisserie mythique. C'est un beau histoire.
Felicitation pour la 2eme vie de Jean Millet!
青木定治プロデュースのジャン・ミエ。
サダさんが昔々修業をした老舗名店ジャン・ミエが、今、彼の手で新たなパティスリーとして生まれ変わった。いいなあ、こういう歴史って。
サダさんの全てのブティックで花を手がけている浜村純ちゃんのフラワーデコ、この店もすてき♡
a0284783_18211499.jpg

a0284783_1821868.jpg

a0284783_18215492.jpg


Patisseries classiques comme Saint-Marc, Marquise Chocolat…
Apres-midi doux et bavardant. Bravo Sada!
サン・マルク、マルキーズ・ショコラ、タルトやシューなどのクラシック系菓子。サダハル・アオキで出しているものとジャン・ミエだけのものがミックス。ショコラやマカロン、サブレ系もラインナップ。
サン・マルク、懐かしいなあ、大好き。マルキーズの口溶け感や香りも見事。今度はリンツァーやフルーツタルト類を食べてみたいな。マルジョレーヌとかポンヌフ、ピュイダムールとかも作ってほしい♡
サロンドテでゆっくりと、美味しいお菓子とお菓子&猫談義で過ごす、楽しい日曜日の午後。
a0284783_1820493.jpg

a0284783_18213426.jpg

a0284783_18213239.jpg

a0284783_18214539.jpg

Jean Millet
103 Rue Saint-Dominique 75007 Paris
[PR]



by yukinokano | 2015-02-09 18:27 | | Comments(7)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル