Paris Gourmand パリのおいしい日々

<   2015年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧




フランスフロマージュ讃歌@外務省 Soiree Fromages a Quai d'Orsay Paris

26 octobre 2015

Soiree “fromage” a Quai d’Orsay, organisee par Monsieur Laurent Fabius.
ケドルセー(フランス外務省)で、外務大臣主催のフロマージュ(チーズ)ソワレ。
a0284783_725732.jpg

a0284783_7245577.jpg


Des buffés de fromages toron beaux conçus par des MOF & meilleurs fromagers en France. Accompagnée par des buffes de pain/vins/fruits, les meilleurs amis de fromages/
Vive les fromages!
フロマージュはフランスの大切な外交カード。歴史的にも、外交に関するフロマージュの逸話が多いそう。フランス食文化といえば?の問いに、クレープ、エスカルゴを退けて堂々トップがフロマージュなのだそう。
ケドルセーの豪華絢爛なサロンに作られた、様々なフロマージュビュッフェ。どれもこれもオブジェとしての完成度が素晴らしい。制作はMOF&実力派フロマジェたち。拍手喝采!
何百もあるフランスフロマージュから、選りすぐりの56が勢ぞろい。食べたことないものが9つもある!フロマージュ、勉強しなくちゃ。
今の外務大臣になってから、国がフォローする食イベントがほんとに増えた。日本も、このくらい国が食文化を啓蒙してくれるといいのにねえ。それこそ、和食文化は、日本の素晴らしい外交カードになるはずなのにな。
フロマージュの親友、パン&フルーツ&ワインも素晴らしいレベルで集合。フランスの食文化の華やかさと美味しさ、そして偉大さを満喫する夜。
フロマージュ万歳!
a0284783_7273182.jpg

a0284783_7253465.jpg

a0284783_7252757.jpg

a0284783_7261221.jpg

a0284783_7262076.jpg

a0284783_7262380.jpg

a0284783_7263879.jpg

a0284783_7263923.jpg
a0284783_7265783.jpg

a0284783_727843.jpg

a0284783_7254432.jpg

a0284783_7255774.jpg
a0284783_7285916.jpg

[PR]



by yukinokano | 2015-10-27 07:31 | | Comments(0)

上州和牛解体デモンストレーション Decoupage de Jyoshu Wagyu a Paris

26 octobre 2015

Demonstration de decoupage de “Jyoshu Wagyu”, un des meilleurs “Wagyu”, provenance de la prefecture de Gunma (dont l’ancien nom est Jyoshu), pas loin de Tokyo.
上州和牛のカッティングデモンストレーション。肩ロースやランプなどの塊の解体ショー。フランスの肉屋では何度もカッティングを見たことあるけど、日本式のを見るの初めて。所作が美しく、見飽きない。
a0284783_7164231.jpg

a0284783_717790.jpg
a0284783_7165722.jpg


J’ai déjà vu quelques fois des decoupages des moreaux de beauf en France mais jamais au style japonais. Très très intéressant et qu’est-ce qu’’il est beau….
Savereux, fondant, suave en cru et en cuit. Un pur delice. Disponible chez Olivier Metzger entres autres.
極上の上州和牛の、なんとまあ美しいこと。そして味といえばもう、、、。一度にこんなにいろいろな部位の上質和牛を食べるの、生まれて初めてかも。それぞれ風味や香りテクスチャーが異なり、どれも魅力的だけど、最高だったのはサーロインの生。甘くてとろけて、ほとんどバター。肩ロースの生も、肉の香りが乗っていて美味。
去年から、ようやくEU解禁になった和牛。中でも上州和牛は、フランスで最も早く売り始められた和牛の一つ。パリ近郊ブーローニュのオリヴィエ・メツゲーで手に入る。レストランだと、ヤニックのルドワイヤンやSTAY、クリスチャンのルサンクなんかで巡り合えるし、他にも使い始めているシェフたち、少なくないんじゃないかな、きっと。
a0284783_717205.jpg

a0284783_7171012.jpg

a0284783_7182691.jpg


Vive “Jyoshu Wagyu”!
上州和牛バンザイ!
a0284783_7174031.jpg

[PR]



by yukinokano | 2015-10-27 07:20 | | Comments(0)

レストラン・シルヴェストル(パリ7区) Restaurant Sylvestre Paris 7eme

22 octobre 2015

La première visite au Restaurant Sylvestre a Thoumieux, ex Jean-Francois Piege.
Ca me fait plaisir de revoir Sylvestre Wahid et découvrir son propre univers.
ホテル、ブラッスリー、ガストロノミーレストラン、パティスリーからなるトゥミュー。ここのガストロノミーレストラン、レストラン・シルヴェストル、初訪問。
元、JFP(ジャン=フランソワ・ピエージュ)があった所。ピエージュが独立のためここを去り、シルヴェストル・ワイドがシェフとなり、新店として9月にオープンしていたけど、厨房落ち着くのを待っていた。
シルヴェストルは、南仏の名門ボーマニエールのシャリアルさんのところでシェフとして活躍していて、ボーマニエールと、シャリアルさんが食部門を監修しているクーシュヴェルのホテルレストラン、ストラトの両方で2つ星を維持していた。いつも地方で顔を合わせていた彼と、パリで会えるの嬉しいな。
a0284783_23284183.jpg


Colores, vifs, généreux, amusants et bons. Cote gout ainsi cote l’art de table, plein de charmes et sensations. Un véritable spectacle de restaurant “gastromique”.
Bravo et merci beaucoupp, Sylvestre!
料理、パン、フロマージュ、食器を始めとするテーブルアートや内装、その他演出全てにおいて、デコラティフで華やかで饒舌。ガストロノミーレストランらしい、うわ〜!きゃ〜!へぇ〜!きれい〜!なにこれ〜!というチャームや仕掛けがたっぷり。
完璧なる足し算の料理だけれど、破綻せず、きちっとまとめあげるところは、シルヴェストルらしいスタイル。全体的にもう少し温かく、揚げもの系がパリッと揚げたてだともっといいな。
牛&カヴィア&牡蠣、卵&セープ&白トリュフ、ホタテ&バターナッツ&白トリュフ、鹿&トピナンブール&ブドウ、フロマージュそしてショコラのおやつ。アミューズ&プチフール類を入れて9皿。でも、一つの料理でふた皿構成、なんていうのもあるので実際はたっぷり12皿以上。しかもパンも色々美味しい。余裕で30品目食材クリア。(50〜60品目くらい食べたと思う。)
さすがの私も、プチフールのあとにシズシズとマドレーヌ&フィナンシエ&ショコラソースが出てきたときには絶句したほどのたっぷりごはん。全て食べきった連れに感心。
ガストロノミーレストランならではのエンターテイメントを楽しめる美味しい空間。ごちそうさまでした、シルヴェストル。これからの活躍楽しみにしています&今度はカウンター席お願いします♪
a0284783_23284772.jpg

a0284783_2328496.jpg

a0284783_2329245.jpg

a0284783_23292140.jpg

a0284783_23292894.jpg

a0284783_23293550.jpg

a0284783_23294635.jpg

a0284783_2330579.jpg

a0284783_23303526.jpg
a0284783_23315297.jpg

a0284783_23304536.jpg

a0284783_23304893.jpg

a0284783_23314183.jpg

a0284783_23312412.jpg

http://www.thoumieux.fr
[PR]



by yukinokano | 2015-10-24 23:37 | | Comments(0)

ピカソマニア&FIAC@グラン・パレ(パリ8区) Arts a Grand Palais Paris 8eme

22 octobre 2015

Journee d’art a Grand Palais.
D’abord, Picasso.Mania et…
グランパレでアート日。
まずはピカソマニア。ピカソの作品、テーマごとにがっつり作品を集めたりして面白い。ピカソの”マニア”たちの作品は、玉石混淆。ピカソを念頭に置いてみるとみんな面白いかな。ジャスパー・ジョーンズや、アンディ・ウォーホール、ロイ・リキテンスタインらがピカソにオマージュを捧げた作品なんかも。
a0284783_1836244.jpg
a0284783_1836978.jpg

a0284783_18364080.jpg

a0284783_18364321.jpg
a0284783_18365099.jpg

a0284783_1837629.jpg

a0284783_1837251.jpg

a0284783_18361750.jpg


…ensuite, FIAC. Les deux sont interessants.
ピカソの後は、FIAC。コンテンポラリーアートをかかげた、パリで最も盛況な巨大サロンの一つ。
初日でよかった、人すくなくていい。ピカソの方が新鮮に感じるブースが多いなあ、、、。
前日の内覧会に行った知人によると、コレクターたちが大挙して押しかけ、ものすごい勢いで商談が進んでいたそう。FIAC、動くお金が半端じゃないものね。
メイン会場のグラン・パレ以外でも、あちらこちらで”オフ”をやっていて、パリはただいま、街をあげてのコンテンポラリーアート讃歌。
a0284783_18373915.jpg

a0284783_183986.jpg

a0284783_1838353.jpg

a0284783_1837314.jpg

a0284783_18374360.jpg

a0284783_18374880.jpg

a0284783_18371616.jpg
http://www.grandpalais.fr
[PR]



by yukinokano | 2015-10-23 18:41 | アート | Comments(0)

バー・デュ・ブリストルの本(パリ8区) Le livre du Bar du Bristol Paris 8eme

21 octobre 2015

Soiree au Bristol.
1er act. Fa-raon. On peut le voir mais on ne peut pas le toucher.
ル・ブリストルでソワレ。
1幕。ファラオン。
ロビーにしつらえられた狩のオブジェの奥で熟睡。見られるけれど触れない、という絶妙な位置取り。邪魔されずに眠れる場所、わかってる。
a0284783_2202418.jpg

a0284783_2212316.jpg

a0284783_221691.jpg


2eme act. Maxime Hoerth.
Mon 4eme barman adore (après Yohan Burgo (ex Hemingway, Four Seasons… Lorsque j’ai frequante Bar Hemingway, c’etait pas Coline mais bien Yohan qui m’a fait ivre avec son extra-extraordinaire “No Name”. Je l'ai bu au moins 40 fois.), Thierry Hernandez (Plaza Athenee. Un pur génie! Depuis 15ans, je suis amoureuse de lui et de ses cocktails) et William Oliveri (Le Maurice. Le papi du Maurice. Il est la depuis plus de 35ans! Quels chics cocktails qu’il nous concocte avec son grand sourire irrésistible!), Maxime fait son première livre de cocktails de Bar du Bristol . Parution au 29 octobre.
Depuis 5ans, a l’epoque de Four Seasons (merci Caroline de me l’avoir présenté!) meme avant le MOF, je suis ce jeune barman en appréciant ses cocktails.
Beaucoup d’inedeit dans le livre. Faudrait que je viennes plus souvent ici pour tout gouter, alors.
Toute mes félicitations et bonne continuation, Maxime!
Bon, le prochain livre du Bristol doit absolument être sur Fa-raon & Kleopatre!!! Je veux écrire, moi-meme(^^).
2幕。マキシム・ウルト。
彼は、私の、大好きバーマンNo4。
(ちなみにNo1はもちろん、バー・エミングウェイやフォーシーズンスにいたヨアンヌ。リッツの長い廊下を辿ってエミングウェイに通いまくっていた頃、私のカクテルはいつも、バー界の巨匠コリーヌでなくヨアンヌにお願いしていた。彼が作る”ノーネーム”を、一体私はどれくらい飲んだんだろうなあ。40回くらい?ああ、恋しい、、。No2は、プラザアテネのティエリ。彼はほんっと天才!彼が生み出す不思議なチャーム溢れるカクテルと彼を15年来、愛し続けている。No3は、ル・ムーリスのウィリアム。このパラスのバーで35年以上もシェイカーを振るう、笑顔最高のおじーちゃん。上品でエレガンスたっぷりの彼のカクテルたち、大好き。もうすぐ引退、なんて言っているけど、とんでもない!彼がいないムーリスのバーなんて、考えられない、、。)
さて、マキシム。5年くらい前からフォーシーズンで大好きになったバーマン。4年前には25歳という若さでMOFのタイトル取っちゃって、その後すぐ、ル・カルヴェルさんに連れられてブリストルに移り、新しくできたバー・デュ・ブリストルのシェフバーマンとして活躍中。来週、彼の初めてのカクテル本が誕生する。
グラスのセレクションも魅惑的な、美味なるカクテルの数々。知らないカクテルがたーくさん。この本のためにすごくたくさんのクレアシオンをしたそう。困るなあ、このバーに足繁く通って、全部飲みたくなっちゃうよ、、。
素敵な本、おめでとう、マキシム!これからも末長く、美味しいカクテル飲ませてね♪
ブリストル、次はいよいよ、ネコ本ですねっ!!自分で書きたいくらい❤️
a0284783_218314.jpg

a0284783_2201048.jpg

a0284783_220397.jpg


3eme act. Valentin.
Ce livre “Cocktails” de Maxime nous donne soif. Des cocktails, s’il vous plat et enchantée, Valentin!
3幕。ヴァランタン。
マキシムのカクテル本、ページをくくっていると、おそろしく喉が乾いてくる。カクテル、シルヴプレ!
テーブルからカウンターに移った後、本に載っているカクテルを作ってくれたのは、新人バーマンのヴァランタン。ホテル学校卒業したてのほやほや新人。おいしくできてるよー。マキシムの手下で、これまたごく若く今年MOFを取ったアレクシスがいなくなっちゃったのは残念だけど、いい感じで成長しそうな新人が入ってよかったね。
a0284783_221409.jpg

a0284783_2213765.jpg

a0284783_222457.jpg

a0284783_222487.jpg


4eme act. Kleopatre.
On peut la toucher, donner des bises, donner des câlins, porter dans les bras. Le bonheur!!!
4幕。クレオパトルちゃん。
元気よく廊下を疾走したのち、お気に入りのソファにジャンプ!
まだまだ、抱っこさせてくれるし、ふこふこの毛に顔を埋めてビズーしまくっても怒らないし、甘噛みもかわいい。
3ヶ月も会えなかった猫ちゃんたちを満喫。二匹揃って、クリスマス用の撮影をしたそう。見せてもらった写真が可愛すぎ。早く写真のお披露目されますように♪
a0284783_2222236.jpg

a0284783_2222869.jpg

a0284783_2224466.jpg


Chats, barmans, cocktails, tous sont très beaux et bons. Parfaite soirée. Merci beaucoup, mon palace bien aime.
猫ちゃん、バーマン、カクテル、揃って言うことなしの素晴らしいソワレをありがとう、大好きなパラスホテル。
a0284783_223995.jpg

http://www.lebristolparis.com/fr/gastronomie/le-bar-du-bristol/
http://www.lebristolparis.com/fr/home/
[PR]



by yukinokano | 2015-10-23 02:30 | | Comments(0)

シュール・ムジュール・パール・ティエリ・マルクス(パリ1区)Sur Mesure par Thierry Marx Paris 1er

21 octobre 2015

Déjeuner chez Thierry Marx a Mandarin Oriental Paris.
マンダラン・オリエンタル・パリのメインダイニング、ティエリ・マルクスのシュール・ムジュールでランチ。
a0284783_5123657.jpg

a0284783_5133927.jpg


Coquillage semi prise (un des classique de Thierry. Ca m’a manque), Soupe a l’oignon , Oeuf/cresson/riz, Pluma Iberique/pomme de terre au “sake kasu” et les farandole des desserts de Pierre.
J’aime beaucoup sa delicatesse que l’on sent partout dans les assiettes. Des délices sont accompagnes par champagne, vin rouge de Langdoc et au Nihon-shu (sake).
Un de plus d’aujorud’hui, pains délicieux faits maison avec le beurre Mons.
Très très agréable déjeuner avec le grand sourire de Therry et David qui est le candidat français pour le meilleur sommelier du monde 2016.
雉のバロティーヌ、ティエリの傑作の一つ貝のスミプリ、だまし絵風オニオンスープ、半熟卵・クレソン・米、イベリコ豚のプルマ・酒粕が香るジャガイモ、そしてピエールのデセールたくさん。
お相手ドリンクは、シャンパーニュ、赤ワイン、そして大七真桜。クレソン&卵はシャンパーニュは全然ダメなのに、大七だと最高。豚さんも、甘く芳醇な赤ワインもいいけれど、大七がまたよく合う。日本酒万歳!来年の世界最優秀ソムリエコンクールのフランス代表に決まったばかりのダヴィッド、もっともっと日本酒出してくださいな。
ティエリの料理に対する私のイメージは、コーディアンバージュ時代から、デリケート、優しさ、チャーミング。今日もまた、それらをたっぷり感じる作品の数々。そして、ピエールの、抹茶&パイナップルのおやつが素敵に美味しくて感激。ティエリによると、この二つはフードペアリングの代表だそう。パティシエさんたち、もっともっと活用すればいいのにね。大吟醸系のピュアな日本酒&ゴルゴンゾーラも、同じモレキュレールがたくさんあって、フードペアリング的に好相性だそう。
自家製の米粉のパンやフォカッチャなども抜群に美味しく、モンスのクリーミーなバターをたっぷりつけてぱくんぱくん。
a0284783_5134981.jpg
a0284783_5161338.jpg

a0284783_5135619.jpg

a0284783_5143100.jpg

a0284783_514910.jpg

a0284783_5141981.jpg

a0284783_5142089.jpg

a0284783_5143099.jpg


Merci beaucoup et bravo, Thierry & son chouette équipe!
あ~、いいランチだったな。ごちそうさまでした&ブラヴォ、ティエリと彼の素敵な仲間たち!
a0284783_5144367.jpg
http://www.mandarinoriental.com/paris/fine-dining/sur-mesure-par-thierry-marx/?htl=MOPAR_surmesure&eng=google&src=local
[PR]



by yukinokano | 2015-10-22 05:17 | | Comments(0)

レンゲ(パリ5区) Lengue Paris 5eme

17 octobre 2015

Soiree Izakaya a Lengue. Un vrai Izalaya (bar a tapas japonais) a Paris ou j’adore venir.
Bonne cuisine japonais et bon vin japonais & bon Nihon-shu (sake japonais) & Chu-hai (cocktail de shochu).
レンゲに繰り出す夜。本格的な日本風居酒屋、出来た時、嬉しかったなあ。最初の頃は日本人が多かった気がするけど、今やフランス人ばっかり。週末夜、大入り満員2回転。
ポテトサラダや鶏の唐揚げ、ナスの煮浸しに、お造り、エビチリ。甲州ワイン、日本酒、柚子チューハイと、100%日本の美味にご機嫌な夜。
a0284783_23402220.jpg

a0284783_23401123.jpg
a0284783_2341330.jpg
a0284783_2340475.jpg

a0284783_23411251.jpg

a0284783_23395318.jpg


Merci chef Kacchan! C’était une très belle soirée!
ワインリストの秀逸さもオドロキの居酒屋。いつか極上ワインでおいしいお料理を味わってみたいな。
ごちそうさまでした、かっちゃんシェフ!
a0284783_2339581.jpg

http://lengue.fr/#/
[PR]



by yukinokano | 2015-10-18 23:44 | | Comments(0)

イストワール(パリ16区) Histoires Paris 16eme

15 octobre 2015

Histoires, le restaurant gastronomique de Mathieu Pacaud qui est déjà le chef de L'Ambroisie avec son papa, Bernard Pacaud et qui a Hexagone, un restaurant chic qui est dans le meme bâtiment que Histoires.
マチュー・パコのガストロノミーレストラン、イストワールでディナー。オープン時から来たかったけど、落ち着いてから、と、ひとつき我慢した。
去年末(今年初めだったかな?)にオープンしたエクサゴヌと同じ建物内に出来たイストワール。その名の通り、たくさんの物語を、料理だけでなくいろいろな視点から語ってくれる。
a0284783_18153683.jpg

a0284783_18155297.jpg

a0284783_18155832.jpg


Non seulement “bon”, il y a beaucoup de sensations très artistiques. Bon mariage avec la cuisine et d’autres arts comme la littérature ou la musique. Ce restaurant chante a mes cinq sens. J'aime beaucoup le sens de Mathieu. Comme Papa Pacaud, il a du gout.
Suave moment!
美味しさもさることながら(エクサゴヌとはレベルが違う。普通のレストランとガストロノミーレストランの差かなあ)、その一つ一つの風味の組み合わせ方やキュイッソンの考え方が面白くて、レストランに通っているからこそ感じられる魅力がちりばめられている。テーブルアートも好みだし、料理というアートに音楽や文学という別のアートを絡めた演出がとってもチャーミング。でも、きっとこの演出、スルーする人もいるだろうなあ。
マチューのセンス、前から好きだ。パパパコ譲りでしょうね。フランス料理界の巨匠中の巨匠、ベルナール・パコのセンス、料理だけでなく全てにおいて、本当にいい。
ランブロワジーとエクザゴヌで披露する作品に比べ、この店の料理のほうが、マチューのアーティストとしてのセンスが自由に羽ばたいているように感じる。
a0284783_18161244.jpg

a0284783_18161963.jpg

a0284783_1816386.jpg

a0284783_18164195.jpg

a0284783_18162988.jpg

a0284783_18165892.jpg

a0284783_1817713.jpg

a0284783_1817521.jpg

a0284783_18171823.jpg

a0284783_18172662.jpg

a0284783_18173383.jpg


Félicitation pour l’ouverture et bravo & merci beaucoup Mathieu. Bonne continutation.
普通のレストランと違ったベクトルで五感が刺激される、幸せな夜。オープンおめでとう&ありがとう、マチュー。
a0284783_18174486.jpg

http://hexagone-paris.fr/histoires/
[PR]



by yukinokano | 2015-10-17 18:24 | | Comments(0)

オブラディ(パリ3区) Ob-La-Di Paris 3eme

14 octobre 2015

Reportage dans le Marais-nord. Avant attaquer le travail, se nourrir a Ob-La-Di.
北マレで取材。取材前の景気づけに、オブラディでランチ。大注目のコーヒーショップ、やっと来られた。
a0284783_19271130.jpg


Coffee Shop très repute depuis des mois. Le fameux tartine au avocat & grenade, latte et sublime granola quinoa & fromage blanc de Beillevaire. Tout est bio, tout est delicieux.
大評判のアヴォカドタルティーヌは、トッピングのザクロがナイスアクセントでユミ〜。こちらも大人気のグラノラは3種あって、キノアのをお味見。バスカル・ベイユヴェールのフロマージュブランと合わせて、ソー・テイスティ! 料理やお菓子はビオ&ほぼ全てヴィーガン。ラッテも柔らかな味わいでいい感じ。噂に違わぬさすがのお味。
a0284783_19262565.jpg

a0284783_19255285.jpg

a0284783_19265822.jpg

a0284783_19255966.jpg

a0284783_19262955.jpg
https://www.facebook.com/ObLaDiParis
[PR]



by yukinokano | 2015-10-15 19:29 | | Comments(0)

レ・カーヴ・デュ・ルーヴル(パリ1区) Les Caves du Louvre Paris 1er

13 octobre 2015

Apres l’inauguration de la boutique, maintenant le parcours sensoriel des Caves du Louvre est ouvert.
ワインの総合スポット、レ・カーヴ・デュ・ルーヴル。ブティックに続き、アトラクション部門がオープン。
a0284783_18431210.jpg

a0284783_18431715.jpg

a0284783_18433278.jpg


Amusant et éducatif!
見て、嗅いで、触って、聞いて、味わって、、。五感でワインを楽しく勉強できるスポット。現地でアプリををダウンロードするとそれがオーディオガイドになり、日本語案内もあるそう。
”嗅ぐ”部門、フルーツ部門にトライ。全部正解(^^)。(間違ったら恥ずかしいか、、。)
ブルゴーニュのトルニュにあるマコンワイン博物館も、こんな感じで遊べたっけ。家族連れも楽しめるのがまたいい。
日本酒もこういうの、あるのかしら。 
a0284783_18433864.jpg

a0284783_18435073.jpg

a0284783_18443361.jpg
a0284783_1846221.jpg

a0284783_18462267.jpg

a0284783_18453391.jpg
http://www.cavesdulouvre.com
[PR]



by yukinokano | 2015-10-14 18:48 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化&オペラ座バレエを中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano
プロフィールを見る

カテゴリ

検索

ブログジャンル